↓長寿命核分裂生成物の半減時間を9年以下に短縮(東京工業大学等) https://www.jaea.go.jp/02/press2019/p20011401/

補足

「長寿命の高レベル放射性廃棄物」は「TRU廃棄物」が正解でした。 それと、 ↓BN-800(ロシアの実証炉) https://ja.wikipedia.org/wiki/BN-800 の存在は知りませんでしたが、冷却材に液体ナトリウムを使っているから、この方式を採用したらもんじゅと同じ事になるのではないでしょうか。 また、 ↓高速実証炉断念。「原発大国」フランスは曲がり角(論座) https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019090600005.html という話があるそうです。

原子力 | 物理学133閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

「長寿命の高レベル放射性廃棄物」は「TRU廃棄物」が正解でした。 それと、例えばウラン235の半減期は7億年ですが、湾岸戦争症候群の原因となっている可能性がありますよね。 https://ja.wikipedia.org/wiki/BN-800 の存在は知りませんでしたが、冷却材に液体ナトリウムを使っているから、この方式を採用したらもんじゅと同じ事になるのではないですか。 また、 https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019090600005.html という話があるそうですよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

>長寿命核分裂生成物は、高レベル放射能物質にならないのでは? というご指摘ありがとうございました。

お礼日時:2021/12/3 19:46

その他の回答(1件)

0

ロシアで、いわゆるロシア版もんじゅともいうべきナトリウム冷却の高速増殖炉88万キロワットが稼働しています。商用炉としても使用できる出力ですが実証炉として、2025年に商用炉120万キロワットの建設に取り掛かるという計画だそうです。 高速増殖炉は高速中性子によってアメリシウムなどのマイナーアクチノイドも燃焼させられるので軽水炉の二回使用済みのMОⅩ燃料も燃焼できるので核燃料サイクルには必須とみられているのです 高速炉であっても高速中性子によるマイナーアクチノイドの燃焼が図れますからあなたは勘違いしていると思われます 福島原発事故はそういう事とは無関係な電源喪失による冷却水の喪失による空焚きにより水蒸気から遊離した水素の爆発によるものです。 ナトリウムは沸点が一千度融点が98℃と高温運転しても蒸発なんかしません。その他鉛やビスマスを冷却材として使用する場合も蒸発などはありえないでしょう。 冷却材がナトリウムの場合はナトリウムの封じ込めが課題となり日本はもんじゅでナトリウム火災に悩まされたそうですが、ロシアはナトリウム封じ込め自体を諦めて恐らく完全に封じ込まなければ大規模なナトリウム火災など起きないだろうと逆転の発想をしたのかも知れません そのサイトの文章のマイナーアクチノイドについて、使用済み核燃料と言うのはいわゆる軽水炉の事であって軽水炉はプルサーマルと言う核燃料サイクルがありますが2回使用済み核燃料でもマイナーアクチノイドが燃焼せず多く残るからその処理が課題となる。 とそういう意味で言ってるのだと思います。 それを処理するには高速増殖炉か加速機駆動未臨界炉と言う次世代原発か、あるいは核融合炉、これらのもので燃焼させたら残りの廃棄物は70%まで量が減り残ったものは300年で放射能はなくなるけど弱い放射線で核廃棄物問題は事実上なくなると言われています。この量が減るという事がものすごい事なのです 軽水炉における使用済み核燃料は既に質量を直接熱に変えて重量も減っているはずなのですが重量を図っても減った質量が検出できないと言われてます。それを核燃料サイクルである程度燃やしきると30%質量がへるのですが発電においては多くは排熱で使用はされてないと思われます 太陽内部では1秒間に6億トンの水素が燃焼して5億9千6百万tのヘリウムに変わるそうですが失った質量はほぼ光に変わり地球まで届きます。人類は核分裂の手法も手に入れ核融合も手に入れようとしています。 そのサイトは高速炉についてのものですが、文中にもマイナーアクチノイドについても当然燃焼して核生成物をつくり長寿命核種は高速中性子により核変換すると強調しているのだと思います

ロシアではすでに実証炉なんですよ。 もう5年も稼働しています。日本だって研究を続けていたら今頃はもんじゅの次の実証炉建設の話も出て居るかも知れません このとき日本でも大騒ぎしたんですよ。 日本の多くの研究者はその前にもんじゅ廃炉を決められて、大いに落胆していたところにそのニュースですよ。 日本は高速増殖炉で唯一ロシア以外に稼働実績を持っていた世界トップの技術力をドブにすてたのです。ロシアは日本以上にナトリウム火災で苦労をしたそうです 世界中で高速増殖炉の研究をしているんです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%A2%97%E6%AE%96%E7%82%89#%E7%8F%BE:_%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2 中国の熱心さとスピードの速さが目立ちます