F-14は何故ミグ戦闘機に圧勝したの?F-14トムキャット戦闘機は双発、復座の大型戦闘機なのに、なぜ単発、単座の身軽なミグ戦闘機に格闘戦で勝ったのですか? 映画トップガンを見ました。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2021/12/11 13:11

その他の回答(10件)

0

トップガンはアメリカの映画だからです。 どんな国であれ、自国の仮想敵国にボロ負けして終わりの映画は受けませんから。 現実でF-14がMiG-23に勝ったシドラ湾事件の話なら、単にF-14側がパイロットの練度、機体性能、支援体制等で勝っていた上に、F-14側が先制攻撃を行ったからです。

0

戦闘機は双発、復座の大型戦闘機なのに、なぜ単発、単座の身軽なミグ戦闘機に格闘戦で勝った? じゃあ、F-15(主に単座で空軍機だが。)の活躍は何なんだという話になりますよ?主に中東地域でMiG-21なども、ほぼ一方的に葬り去っていますが。 早期警戒管制機や早期警戒機の存在。 パイロットの練度 機体の性能差 ミサイルの性能差 整備の具合 色々あるんだよ。 あと、MiG-28に見立てたF-5は双発だぞ。

0

一概に大型機だからというモノでもないでしょうし、 実際 F-14は平たい胴体が揚力を生むリフティングボディ効果で、 可変翼と相まって大型機の割に機動性がありますし…。 ですが まぁ『練度』の差でしょう。 『トップガン』ではアメリカの相手国はソ連製のミグを使ってはいるがソ連では無く架空の第三国です。 インド洋上での出来事で、ミグを所有していた インド空軍 がモデルなようで、 リビアのシドラ湾事件の影響もあるでしょう。 こういった途上国だと先進国に比べ圧倒的に練度で劣ります。 実際 インド空軍には約900機のMiG-21が調達されていますが約半数を事故で失っていますし、 内政が不安定な状態だと政府がクーデター等を懸念して、 兵士達に必要以上の教育をしなかったり(出来なかったり)します。 中東戦争時のエジプト等がそうで、いざ実戦になれば燃料切れで墜落するような機体も少なくなかったりします。

0

映画のの筋書きだから。 元になったのは 1981年のリビア沖シドラ湾での スホーイSu-17M vs F14です。 VGウィングの操作が手動のSu-17とコンピューター制御のF14では話になりません。 そもそも 輸出仕様で兵装も貧弱ですから。 トップガンショーが盛況だった 1989年のシドラ湾で F14とミグ23の戦いでもやはり同じ結果。