ADHDの検査を興味本位で受けるのは流石に失礼ですかね?

発達障害229閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

回答ありがとうございます。昔から学校の先生などに発達障害を疑われており受診を勧められていたのですが、親からは「努力不足だ」と完全に放置されていたので、成人した今改めて自分のことを知っておくべきだと感じました。(そういう点では興味も大きいのでなんとも言えないですが…) 症状の重さだけでなく、自分を知るという意味では一度受診をした方が良いのかもしれないですね…!

その他の回答(7件)

2

ネットで診断してみるのもよいかと そこで可能性ありなら興味本位とかになならないので

2人がナイス!しています

回答ありがとうございます。ネットで診断すると毎回ADHDの疑いがあると表示されるので、ハッキリさせたいと思うのですが、それは興味からくるもののような気がしてモヤモヤしていました。病院での診断も考えてみます…!

2

検索を受けたいから病院に行くのではなく、 日常生活に困ってどうしようもない人が、病院にいった結果、検査を受ける流れになるのが普通です。 自分で注意すれば何とかなる範囲なら病院に行く必要がないです。 もし軽度のADHDがあったとしても、日常生活でそれ程困ってないなら〝障害がある〟とは言えません。

2人がナイス!しています

回答ありがとうございます。やはり興味本位で行くような場所ではないですよね。私自身も"障害"という認識はないので、これからも自分で改善出来るよう努力していきます…!

1

大学で、困ってることがあるなら、就労や、早ければ結婚のことも考えて、今すぐ受診予約をするべきです。 が、くれぐれも「発達障害」という言葉は出してはいけません。 「うちは発達障害の専門病院ではない」と言って門前払いされることがあるそうです。 「生活や学校生活で困ってることがたくさんある」といえばいいと思います。

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。"発達障害"という言葉を出してはいけないのは初めて知りました。ADHDの症状に当てはまるようなことはあるのですが、特に支障はない(というか失敗しすぎて失望されているので最早困っていないです)ので、受診はやめておこうと思います(^^;

2

1.精神科医療機関に予約の電話をした段階で、「ウチは、発達障害専門の医療機関ではありません」断られる可能性はあります。実際に、バリバリに発達障害のことをやっている大病院に電話してそう言われた人はいます。 ご質問にもある通り、精神科は一定の生活面、学習面、就労面の不適応(専門用語で主訴)があって受診するものです。 2.「"発達障害"と呼ぶには軽すぎるな…」ということですが、自閉スペクトラムのスペクトラムの意味あいは、濃淡、強弱ということです。 どんな疾患・障害にも濃淡、強弱があります。 3.ただし、発達障害の何らかの傾向がある人が、学生生活を終えて就労したときに、不適応状態が起きやすいということがあります。 特に大きな問題がなければ、それはそれでよいのですが、今後の就活のなかでどうなのかを考えてみてください。

画像

2人がナイス!しています

ご丁寧にありがとうございます。スペクトラムにはそのような意味があるのですね。添付して下さった図もとても分かりやすかったです。今後社会に出た時にもし周りに迷惑をかけてしまうようなことが有れば、またその時考えてみます…。