ワイドfm対応ラジオと普通のラジオの違い 今昔の普通の小型ラジオでfm放送を聞いてますが、ワイドfm対応ラジオにしてfmを聞くと何が変わるのでしょうか?

ラジオ117閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

感度が関係ないということは、今使用しているラジオでfm放送が聞きづらい場所(ノイズが入る場所)は、ワイドfm対応ラジオにしても聞きづらさは、ほとんど変わらない、って事ですよね?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

何も変わらない事が分かったのは助かりました 有難うございました

お礼日時:2021/11/30 22:18

その他の回答(4件)

0

今迄のラジオと、ワイドFM対応の違いは、受信出来る周波数が、違うだけです。感度などは、基本的に変わりません。 今までのラジオ、FMは、76mhz ~ 90mhz まで ワイドFM対応は、76mhz ~ 108mhz ( 一部、76mhz ~ 95mhz もあり )

0

AM放送がどんどん縮小されてそのうちNHKのみになるので、 その対応にもワイドFM対応が良い・・・ 廃止(移転)されたAMはワイドFM対応機でないと聞かない可能性が高い。

0

>ワイドfm対応ラジオにしてfmを聞くと何が変わるのでしょうか? お住まいの地域によってはAM局の番組がFM電波でも聞けるようになります。 >例えば今使っているfmで電波が入りずらい所(建物の中)で、ワイドfm対応ラジオだとfmが普通に聞こえるとかになるのですか? FM放送には関係ないです。

2

>>ワイドfm対応ラジオと普通のラジオの違い : ワイドFM対応ラジオの周波数の範囲⇒76MHz~95または108MHz 従来の(普通の?)FMラジオの周波数の範囲⇒76MHz~90MHz ...これだけです。

2人がナイス!しています