この部品の重要性を教えてください

画像

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

1

そのパーツを必要とするフレーム・パーツ構成なら、それがないと変速が全くできない。 そのパーツを必要としないフレーム・パーツ構成なら、全く必要性がない。

1人がナイス!しています

0

重要性:きわめて大 これでシフト用ワイヤをフレームに沿わせている機種ではとても重要・大事な個所に使います。 名前はアウターワイヤストッパー&アジャスター。 ワイヤはアウター側ワイヤが固定されるからインナー側を押し引きして対象物が操作されます、これはそのアウター固定具ですからシフト操作には不可欠な部品です。 &ワイヤーと書いたのは、写真では灰色に見える樹脂部分を回すことでアウタ受けの位置(高さ)が微調整可能です。 すなわちワイヤ移動量を変えられますからインナーワイヤの遊びの修正・引き量の微調整などに有効です。 じつは走りながらでも出来るのです。 ライダーの股下に付いていますからね。 今はそんなことする必要がないほどに各部精度が向上しましたが、かつてはやったものです。 出来ないライダーは自力でアルプスを越えられなかった。 本品はあえて大ぶりな造形でメッキの具合もよく、アジャストネジの精度がよいです。 右側専用にちょっと魅力的なアーム形状をもつデラックスタイプもあります。 クロモリ車のお洒落仕上げに最適。 じつは私も使っているのです。

0

wレバー台座があるフレームでSTIレバーを使う場合なんかには必要です。 今だと、クロモリフレームなんかには必要ですね。

0

ダウンチューブに変速レバーが直付けされている自転車をSTI化する時にしか使いません。 その改造をするのなら、レバーが直付けされていたところでSTIからのアウターを受け直す必要があるので重要なパーツになりますが、それ以外では使い所の無いゴミです。

0

そのパーツ(アウター受け)を取り付ける必要がある自転車は、それを使わないと変速操作ができなくなるか、変速用の長いアウターケーブルを変速機近くまでフレーム沿いに引き回す必要があります。 そもそも、アウター受け用の台座がフレームに無いと取り付けることができませんよ。