キリスト教はユダヤ教左派(改革派)が、 イエスという架空の人物を作り上げて、創設した宗教団体ですか?

補足

イエスが存在したという歴史的史実がない。 ユダヤ教左派が旧約聖書に書かれた救世主にヒントを得て作り上げた「架空の人物」ではないか

宗教93閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます! 後日、またこの質問をさせていただきます。 今後ともよろしくお願いします

お礼日時:2021/11/30 18:12

その他の回答(2件)

1

イエス様が存在した歴史的事実が無いなら、弟子たちは命をかけて伝道する必要はなかったし、ローマの闘技場で信仰を守り通し、ライオンの牙にかかって死んでいったクリスチャン達は歴史上稀にみる愚か者になってしまいますが、

1人がナイス!しています

2

違います。それはあなたの妄想です。 もしキリスト教がユダヤ教の改革派に過ぎないのなら、 なぜユダヤ教の指導者たちは 「イエスをメシアであると公に言い表す者がいれば、 会堂から追放すると決めていた」(ヨハネ9:22)のですか。 これは架空でも何でもなく、聖書が書かれた当時の取り決めです。 改革派だろうが保守派だろうが(こういう現代の用語を使っている 時点で、質問者が1世紀のユダヤ教について何も知らないことは明白) こぞってキリスト教を迫害したというのが事実です。 また、使徒ペトロやパウロはローマでキリスト教を広めたために 皇帝ネロによって処刑されたのですが、それは歴史的事実です。 この二人以外にも多くの福音宣教者が殉教しましたが、 彼らは架空の人物のために死んだのでしょうか? もしあなたの考え方が正しいなら、 天草四郎や洪秀全も架空の存在だということにならないでしょうか。 そんな暴論には一部の理もありません。 聖書には、皇帝クラウディウスが西暦紀元51年(新約聖書に収められた 文書がようやく書かれ始めた時期!)にローマからユダヤ人を追放せよ と命じましたが、その理由について、ローマの歴史家スエトニウスは、 「クレストゥス(キリスト)によって引き起こされた大騒ぎのため」と 書いています。 つまり、その時点で既にユダヤ教の側からはキリスト教は自分たちとは 相容れない宗教であると認識されていたのです。 そもそも、 イエス・キリストはローマから派遣されたユダヤ総督によって 政治犯として処刑された(だからこそ十字架刑!)のであって、 ユダヤ教内部の争いの犠牲になったわけではありません。 これは歴史的事実です。 妄想は止めて聖書を読みなさい。 それが嫌なら、歴史書を読みなさい。

2人がナイス!しています