回答受付が終了しました

なぜ、本州と九州を結ぶ道路や鉄道は高速道路を除いて四国ではなく北海道のように地下にしたのですか?

回答(7件)

1

他国の軍に攻撃されないようにしてます 長崎に原爆が落とされるのは小倉の予定でした、小倉に落とせば、下関まで爆風が飛び下関にも被害がおよびますよね ですが小倉は雲っていて何が起こるかわからない為長崎に移動し原爆を落としました 予定では10程落とす予定でした

1人がナイス!しています

3

軍が反対したからです。 橋だと爆撃されたらお終いだと。 すでに建築が始まっていた弾丸列車(のちの新幹線)ですら、変電所が爆撃されたら動かなくなるので蒸気機関車にしろと言ったヤツらですから。 すでに、制空権が無くなり日本中空襲されていたのに、日本が負けるはずですよ。

3人がナイス!しています

4

【関門トンネル(鉄道・国道)】 歴史的背景からトンネルにすることが技術的にも予算的にも適正だったからです。 新幹線は気象の影響を受けず、用地買収をしないでいいからトンネルにしています。 【青函トンネル】鉄道のみ 橋を架けるには、あまりにも距離が長すぎて、気象の影響を受けやすい。 青函トンネルをつくった端緒は知ってますか? 洞爺丸事故=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%9E%E7%88%BA%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E6%95%85 【瀬戸大橋】 途中の島に道路を通す必要があったから。

4人がナイス!しています

1

戦前に計画してました。防空上トンネルを選択したと考えられます。

1人がナイス!しています

6

いつできたかを考えたら一発で自分で答えを出せるのに...。 鉄道の関門トンネルは1936年9月19日建設開始で、1942年7月1日に現下り線開通、1944年8月8日に現上り線開通。この時期に橋で作ってたらどうなったかな? 特に上り線開通日に要注目! 道路としての関門トンネルは1938年9月22日に関門国道トンネル工事を決定し、1939年5月12日起工式。本坑掘削は1944年12月に貫通したけど資材不足に陥り、何度も工事を中断で、道路の開通は1958年3月9日になった。 小学校6年生の社会科をちゃんと学んだ人なら、この日付を見て「橋にしなかった理由」がわかるけどね。

6人がナイス!しています

橋にしようものなら、一発で当時の日本軍が文句を言ったでしょうね。実際に鉄道トンネルの建設は、慎重な国鉄に対して、軍によってやたらと急がせたし。