何故、宇宙は存在しているのですか

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2021/12/3 13:10

その他の回答(13件)

0

僕のただの妄想ですが 宇宙は人間がモルモットやマウスを使って実験するように、人間よりももっと大きい存在が作ったんじゃないでしょうか? その大きい存在の夏休みの宿題かもしれません! 提出が終わったら捨てられるかも!! 以上! 結構いい妄想じゃないでしょうか?

0

その前にまず、存在している宇宙とは実在ではないものということです。 その宇宙は、それとは他のものにより存在するのでしょう。 人々は、その個々を自分とは思っても、宇宙とは思わないとすれば、それがそれによる宇宙だからです。すなわち、その宇宙は自分によるものだからです。 ただ、正確に言うと、思考によるものがその自分であり、その宇宙です。 宇宙と名づけては、そう呼びながら分けることで生まれるのが(宇宙ではない方である)自分であり、(自分ではない方である)宇宙です。 ただ、存在しているものではなく、実在でもあるのが宇宙(という呼び名)です。それとは呼び名だけではなく、すべてだけであり、つまりそれでひとつだけです。 つまり、すべてでひとつに実在しているのです。 人々だけではありませんが、人々もそのすべてです。 というのも、すべての中に銀河系があるのでも太陽系があるのでもなく、地球があって人々がいるのでもなく、つながっているもの同士がないようなあり様であり、分け目のないという意味ではつながっているもので、それがすべてということです。つまり、すべてであるというあり様での形成です。 わかりやすく(?)言うと、銀河系なら銀河系以外とは個別にあるのではなく、地球なら地球以外と個別にあるのではなく、人々ならそれら以外と個別にあるのではなく、素粒子ならそれら以外と個別にあるのではないというあり様であり、どこもすべてそのものの姿であるということです。 銀河系も太陽系も地球も人も各部分であるように思えるとすれば、それは個別に対することで名づけられた概念であって、実在とは違うあり様であるということです。 それが、実在しているのはすべて(すべてだけ=すべてそのもの)という意味です。 どういうことかと言うとつまりは、ここにあるのは部分ではなく、それとは他の部分もないということです。 ということは、実在には、そうなるためのその他によるものはないということですし、思考では対応できずに受けつけないようなあり様であるということです。 しかし、存在している宇宙なら、それとは他の部分をつけ加え、それによることで存在し始めたものとなるでしょう。 しかし、実在と関係するものは、実在ではないのです。それを見ながら思考の活動で関係づけるのです。

0

神様が造られたからです。聖書にそう書いてあるから。

1

人類の知識欲を育てる為です。

1人がナイス!しています