御家人は頼朝の許しなしに天皇から位をもらってはいけない決まりだと習ったのですがそうなんですか? 頼朝の主君は後白河法皇なのに、その後白河法皇から色々官位を貰ったから義経は頼朝に追われるのですか?

日本史 | 歴史84閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

1番丁寧でわかりやすかったです 他の方もありがうございました

お礼日時:2021/12/2 20:48

その他の回答(3件)

1

それまでは、主人の許可を得なくても勝手に官職を貰うのが普通でした。 義経だけでなく、ほぼの御家人たちも理解できずに、頼朝の推挙無しに官職を貰って頼朝から怒られています。 これを知っているのに、官職を勝手に貰ったから頼朝は義経のことを怒ったんです。まあ、最後まで義経は頼朝の意図を理解できませんでした。 義経が頼朝から追われたのは、後白河から頼朝追討の院宣を貰ったからです。

1人がナイス!しています

0

頼朝が考えていたのは、鎌倉にいたままで朝廷から独立して政治を行うこと。武士(御家人)は朝廷から独立して頼朝が管理する。義経にはそれを理解する能力がなく、従来通りに天皇がトップという認識だったから齟齬が生じた。 頼朝が考えていた体制が歴史上初めての体制(朝廷と幕府の二元支配体制)なので義経にとっては頼朝が怒る理由がわからなかった。

0

義経の主君は頼朝です。頼朝の許しを得ないで官位を貰うのは頼朝を無視した事になる。だから頼朝は激怒したのです。