新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

親の生活費について。79歳の両親が5000万の貯えを持っておりますが、減らしたくないというので20万円毎月サポートしてきました。

3人が共感しています

ベストアンサー

37

37人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さまありがとうございました。

お礼日時:2021/12/7 13:54

その他の回答(4件)

6

株の資産で5千万保有してるだけで現金はあまり持って無いんじゃないですか?? 2億ぐらい貯まったら噂の高級老人ホームを狙ってるんだと思いますww

6人がナイス!しています

4

相続人が貴方一人なら、結局すべて貴方の物になるのだから、いくらでもよいのでは・・・。

4人がナイス!しています

5

コロナ不景気でご自身の生活が厳しくなったにもかかわらずサポートする のはいかがなものでしょうか? ご両親は本当に5000万円の蓄えがあるのですか? あるのであれば一旦、支援はおやめになっても良いと思います。 自分の蓄えは大丈夫なのですか? サポートするスタイルは様々です。 私はむしろ、今現在ご両親に5千万の蓄えがあるのであればそれで堅実に 生活をしてもらい、それが足りなくなった時や足りなくなりそうな時に 本当に支援をすれば良いのではないでしょうか? (葬式代は別確保で) 施設に入れる予定と言っても、実際に施設に入居したら半年で 病気で長期の入院をした、とか状況がめまぐるしく変わるものです。 病院に入院すれば急な呼び出しや、洗濯物、買い物の依頼、等 お金では無く体力勝負になったりします。 その時に質問者さんを助けてくれる「費用」が必ず必要になりますよ。 自宅で介護すれば行政からおむつ代の補助金も出ますし 介護費用、バリアフリー化の為のリフォーム代の補助なども有ります。 ご本人の自分の生活を後回しにしてまで「親の援助」と言うのは 筋違いなのではないでしょうか。 実際に、子供の方が先に無くなってしまったりするケースもあります。 少なくとも、ご自分が病気になったり事故で怪我をしたりする事も 考えなくてはいけません。 親の考え方一つなのでなんとも難しい面もありますが、 実際に私の親(70代)も似たような資産を持っていますが 現金に関しては1000万は娘である私の名前にしてあります。 もう1000万円は私の妹の名前になっております。 不動産の家賃の入り先も親の判断で一部、私の名義口座に入る様に なっています。(税金対策もあると思うのですが) 理由としては、病気で親の意識が確認出来ない場合(昏睡状態など) 入院費用などの急な出費は私や妹が手配するようになります。 そんな時に今は名義人本人でないと引き落としもうるさかったりするので 私や妹が不便にならないよう、不自由しないようそれぞれの名前に しているのです。 私の名前になっていれば私の本人確認で自由になりますので。 実際に何かあった場合、退院後に直ぐに快適に住めるようにするのであれば 入院中にリフォームが必要です。 通院の送迎をするのにも、車椅子対応の車に乗り換えの必要等も 出てくるかも知れません。 又、長期入院で寿命がくれば前もってお葬式の準備等も費用が 掛かるものです。 介護が必要になれば介護に専念するため、私や妹が仕事を辞めることに なるでしょう。 その時に私の生活費は?親はその心配までしてそのように名義を 私と妹に一部変更したようです。 親の介護の為に、娘の生活が苦しくなってしまったら本末転倒だと。 子供の立場としては親にそこまで考えて貰っている私は本当に 幸せものだと思います。 ですが、ある意味、これが本来の親心のあるべき姿ではないか、とも 思うのです。 質問者さんの親御さんは別なスタイルを理想の老後としているのかも 知れませんが子供のからすると「援助」の形は様々です。 正直、お金で買えない物の方が多いのではないでしょうか? 実際に施設に入ったにしても、病気で入院したにしても世話役に 回る方が大変だったりします。 95歳の大叔母は施設に入っても、病院に行くたびに母が呼び出されて いました。 本当に支援が必要なのはそんな時なのです。 なので、質問者さんが5万円なら仕方が無いと思ってサポートを続け られるのも一つの方法ですが、私であれば、支援はせず、親に 生活資金に対する考え方を改めて貰います。 その上で、その5万円でも2万円でも親に渡したつもりで将来の介護費用に 貯金しておきます。 コロナ不景気で生活が変わったのですから、お互いに今後の生活や 老後に関して考え方の方向転換や軌道修正が必要になってくるのでは ないでしょうか。 親が本当に困った時に助けられるのは質問者様なのであれば 今は質問者様ご自身の生活を優先するべきです。 皆さんがコロナ不景気の中での生活で節約や軌道修正をしているのですから 親御さんにもそれを理解していただくのが一番だと思いますよ。

5人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 素晴らしいご両親をお持ちですね。 私の両親は会社を経営しておりましたが、豪遊の結果大きな借財を背負ってしまいました。 それを私が1千万、母が不動産の一つを売却し4千万返済しました。 そこまではギリギリ許せましたが、そこから、父の借金を返済した4千万円分を私に毎月20万円生活費として入れてくれと言われ、反論すればさらに激しい勢いで怒鳴る暴れるなど、冷静に話ができる間柄ではありませんでした。 昨日も経営の状況などを話しましたが全く理解ができない(初めからそのような頭脳)のようで、お金の要求と私の批判のみでした。 とても話し合いができる相手ではなく、こちらに投稿した次第です。