回答受付が終了しました

ID非公開

2021/12/3 1:09

77回答

MIDIキーボードって何鍵のものがいいんでしょうか。

DTM | 作詞、作曲142閲覧

1人が共感しています

回答(7件)

0

ピアノが弾けて同じように弾きたいなら88鍵、練習に使うならピアノタッチの物が必要でしょう。シンセ弾きなら標準が61鍵だと思うのでそれより少ないと不便に感じるかもしれません ハモンドオルガンやエレクトーンでは49鍵以下から約40鍵盤以上を二段という方式をとっています。完全にピアノの鍵数もこえてるので二段使うなら61鍵も必要ないかと 別にちょっとメロディ確認しながら打ち込みたい程度なら32鍵とか35鍵とかでもいい気がする。25鍵とかなってくると少し不安になる まあ問題は値段と置き場所ですよね笑

0

メインの鍵盤を61から49にかえましたが、思ったより不便しなかったです。 25もありますが、外に持っていく用として使っています。普段使いには、つらいです。

0

61鍵ってなんか中途半端だよね。トランスポーズ必要な時は61鍵でも必要。でも76や88はでかい。パソコンのキーボードと比べ広過ぎる。 なので、トランスポーズは必要な物と割り切って49鍵がベストだと思う。

0

MIDI規格自体は128鍵まで扱えるようになっていますが、そんな鍵盤は売ってません。 事実上はピアノと同じ88鍵のものが上限です。 昔からYAMAHAやRoland, Korgなどのメーカーは手での演奏を前提としたシンセサイザーの鍵盤数は61鍵を標準的なものと考えていたようです。昔懐かしいベストセラー機、YAMAHA DX-7, Korg M1は61鍵です。このあたりが両手で弾くことを想定すれば最低ライン的な妥協点ということなのでしょう。 で、ソフト、ハードにかかわらず、シンセ音源には通常の楽器音だけでなく、打楽器音や効果音も内蔵されており、これらを使う場合はかなり広範囲に鍵盤を使うケースも出てきます。 そのようなとき、鍵盤数の少ないMIDIキーボードを使う場合はかなり頻繁にトランスポーズ(オクターブ上げ下げ)を使いながら鍵数の少なさをカバーすることになります。 これは個人的な経験ですが、61鍵の場合でも割と頻繁にトランスポーズの必要性が生じます。その上の76鍵くらいになるとトランスポーズが必要なケースは激減します。 ただ、トランスポーズが苦にならない人は少ない鍵盤数で問題ないだろうし、打楽器音や効果音、音域の広い楽器音を使わない人にとっても然りだと思います。 便利とはいっても、机上スペースや、落ち歩くのなら重量も重要ですからね。 やっぱり使い方次第ということになるんでしょうね。 でも、最初の一台をお探しで、ご自分で判断できない場合は、とりあえず一番小さいやつを買ってみるというのも一案だと思います。 後に大きいのを買ったときにも補助鍵盤として併用できますからね。

1

まぁ、メーカーからすれば「ユーザーのニーズに合わせて」さまざまな鍵盤数のモデルを用意しているわけで、通常はユーザー側の「意向」で機種を決定して購入されていくのだと思います。 で、その「意向」が特に無いということであれば、標準的な鍵盤数とされる61鍵のモデルを選んでおけば無難なような気がします。 25鍵や37鍵といった鍵盤数の極端に少ないモデルは「明確な意図」を持って選ぶモノ(両手弾きができなくても良いから、とにかくコンパクトにしたいなど)なので、「意向」が明確でない状況で購入すると後悔するかも知れません。

1人がナイス!しています