「空飛ぶ車」に違和感があります。 空を飛ぶのなら歴とした飛行機です。 どうして「空飛ぶ車」と言いたがるのでしょう? また「空飛ぶ車」を期待する声があるのは何故でしょう?

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます。 「公道を車としても走れる航空機」 一般的にはこのイメージで昔からありますね。 空飛ぶ車と言いますが, 実際は公道を走れる飛行機ですよね。 「eVTOL」 これについては一部実用化されていると思いますが, こんなものが何百万台も日本の空を飛び交ったら 危険すぎると考えます。 これらを同時に精密制御できる技術が確立する かなり先の時代のものと思います。

その他の回答(6件)

0

「空飛ぶ車」と言えば、自動車用の道路から離陸できるものと勘違いしやすくなり、それで規制緩和を含めて過大に期待してしまうのでしょう。 事故も怖いですけど、テロに使われるのがもっと怖いです。空飛ぶ車を市販したら、テロ集団が買いあさることでしょう。

0

飛行機は空を飛ぶだけですが、「空飛ぶ車」は、車と飛行機を兼用しているからです。 空を飛ぶのは高さも違うので、道路よりも衝突の危険性は少ないです。

0

それは質問者様のいうところの「空を飛ぶのなら歴とした飛行機です」ということが解ってない人が、「空飛ぶ車」に期待しているだけです。 車が空を飛んだら飛行機ですから、飛行機のライセンスがないとそれを運転や操縦することはできないこと。 そして航空法の縛りの上でしか飛べないこと。 たったこれだけのことが解らない人が、空飛ぶ「車」ならば自動車と同じ扱いになると勘違いして期待しているわけです。

1

自動車免許じゃ乗れないだろうね。 もしOKだったら、パイロット免許無しに飛行機を操縦して、 「これは空飛ぶ車だ!」と言い張れば良いことになる。

1人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

1

物事を深く考えないアフォな連中は1台であれもこれも出来たら 便利だと思うから。 陸上を走れて水上航行も出来る水陸両用車がありますが、 これは陸上では普通のクルマより高価で低性能、 水上ではプレジャーボートにも及ばない中途半端な乗り物です。 十徳ナイフという携帯用小型ナイフがありますけど、普通に 家で料理するなら包丁使った方が仕事速いのと同じ。

1人がナイス!しています