第一級陸上無線技術士の問題について、解き方がわかりません。 わかりやすく解説していただけると助かります。 平成27年1月 無線工学A A-19

画像

工学 | アマチュア無線124閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変わかりやすい回答ありがとうございます。

お礼日時:2021/12/7 21:01

その他の回答(1件)

0

3 Eiが大きければ、積分出力も大きくなり、基準のErにより積分出力が0になるのに時間を要するからN1が分母、N2が分子になる。 積分回路の素子の誤差は、EiとErの積分で共通なのだから、相殺されて、精度に影響しない。 雑音周期より積分期間が長がければ、平均化されることが期待できる。