自転車の一時停止違反(一時不停止)で注意を受けました。 氏名、生年月日などを聞かれました。 12月に入り事故が増える時期ゆえに情けない気持ちと、運が悪かったなという気持ちです

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

確かにお気持ちはわかります。私も交通違反などで検挙された経験は複数回ありますが、もっと危険な運転している人は多いのにそっちを取り締まれって思ったことはありますね。 とはいえこれは屁理屈です。警察官もすべての違反行為を取り締まることは不可能です。警察官の目の届くところで違反行為をしたものしか取り締まれないのが現実です。そして、あなたもたまたま違反行為をした場所が運悪く警察官の目の届く場所だっただけのこと。運が悪いと言えばそれまでですが、そこが大事な事なんです。どこで警察が見ているか分からないという気持ちが交通違反の抑止につながるのです。交通違反の抑止=事故を未然に防ぐということになり、それが警察の目的なんです。あなたも自分の行動を振り返ることが出来たとのことですから今回の注意は警察としても効果があったってことなんです。 警察が交通違反を取り締まったり注意をする目的は、あくまでも事故を未然に防ぐのが目的であり、取り締まること自体が目的ではないのです。

0

私は一度あります。母は踏切の手前で止められて、後日裁判所で説諭(ぶっちゃけ軽い説教?)を受けたらしいです。 おかげで今でも白バイとか見るとドキッとします