エジプトとかミイラが登場する邦画及び邦楽はあります?

補足

マイケル・クライトンの人気小説をスティーヴン・スピルバーグ監督らが最新の映像技術を駆使して映画化したパニック・アクション「ジュラシック・パーク」シリーズ ユーセフ・シャヒーン、ユースフ・シャーヒーンは、エジプト・アレキサンドリア出身の映画監督。エジプトを代表する映画監督である 『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』(ハムナプトラ/うしなわれたさばくのみやこ、原題:The Mummy)は、1999年に公開されたアメリカのアクション映画・ファンタジー映画[3][4]。スティーヴン・ソマーズ監督・脚本のアドベンチャー映画。1959年に英国ハマー・フィルム・プロダクションが制作した『ミイラの幽霊』(テレンス・フィッシャー監督)に続き、1932年公開の『ミイラ再生』(カール・フロイント監督)の二度目のリメイク作品である。

映画 | 邦楽11閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています