鳥取県の火葬場は以下の4箇所しかありません。 ・鳥取市因幡霊場(鳥取市・平成10年) ・鳥取中部ふるさと斎場(倉吉市・平成25年) ・琴浦町営斎場(琴浦町赤碕・平成6年)

葬儀108閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

コメントありがとうございました。

お礼日時:1/25 8:37

その他の回答(3件)

0

人口減の中では、やむを得ないというか、満員になって何日も待たされることが起きてないなら、問題ないと担当者は考えているのでしょう。 私の郷里は、平成の合併で、火葬場が1ヶ所から3ヶ所に増えましたが、老朽化なのでしょうか、令和になるころには1ヶ所になってました。しかし、人口減少の中で、不便はないようです。

0

人口が増えないと、税金を使った火葬場は難しいでしょうね。 年間を通して、都市部のように火葬場の都合で一週間ほど待つなら足りていない。亡くなった翌日や翌々日に予約可能なことが多いなら足りています。

0

大方の目安は、火葬予約をして希望の火葬日に予約が入れられるかどうかだと思われます。希望日の当日または翌日に火葬できれば、許容能力に問題はないと考えられます。また、地方では遺体の移送距離が長距離になる傾向があり、これは致し方ないものと思われます。