回答受付が終了しました

時計と靴は良いものを持てとはいいますが…

1人が共感しています

回答(19件)

0

1番大切なのは清潔感! 高い靴でも汚いとだめ。 常にピカピカの靴、シャツ、ネクタイ。 派手な時計は避ければそれでよし。

3

先輩の話は半分くらいに聞いた方が良いと思います。 どちらかと言えば自分に自信がないコンプレックス丸出しのような性格に見えますよ。虎(ブランド)の威を借る狐。 バーバーリーの腕時計って時点で??? そのブランドが好きなら仕方がないですが、時計好きからしたら下手したら失笑されかねないです。カルティエの時計なら分かるけど。バーバーリー??? 真似しない方が良いと思う。逆にブランドに必死しぎて田舎者だと思われる。ブランドに着られる人って感じです。

3人がナイス!しています

0

そもそも、なぜ「時計と靴は良いものを持て」と言われるのか。 それは単純に「目立つから」です。 オシャレは足元からという格言どおり、靴は最も目を引きますし、三首(首元、手首、足首)のひとつである腕元につける時計も目立ちます。 この目立つ部分に安物があると、全体が一気に安っぽく見えるのです。 反対に靴や時計(さらにはバッグやメガネ)といった小物が高級品だと、安いスーツでも高級品に見えます。 こういった小物にはそれぞれマニアがいるわけですが、そういう人たちが見て「この人良いモノ持ってるな」と思われるラインが、靴なら5万円以上、時計なら20万円以上からぐらいなのです。 別の言い方をすれば、オシャレを語る上で3万円の靴と10万円の時計は最低限のラインです。 その先輩は「ブランド品を持て」と言ったわけではないと思いますよ。 今や服は安くて良いモノがたくさんありますが、靴や時計は値段=品質です。 ごまかしが効かないんです。 どんなブランドがいいかは自分の好みでいいですが、その先輩の言葉は「これからもっとオシャレで良い物を知ってほしい」という意味ではないでしょうか。

2

ちょっと痛い感じの先輩ですね。 まだリーガルとセイコーの方が普通に良いと思いました。 ほとばしる痛みがない。 読み直しても痛いですし、想像しただけで歯を食いしばってしまいます。 時計は時計で、靴は靴で、世間のジェントルメンから「良い趣味」と言われるものはありますので、ザ・レイクでも読んで良いものとは何かを考えてみるのは、良い事かも知れません。

2人がナイス!しています