ID非公開

2022/1/5 0:55

55回答

チェルノブイリ原発事故が深刻になった要因の1つとして、格納容器がなかったことがありますが何故設置されなかったんですか?

原子力災害 | 原子力130閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

3

何故かと言われれば、ソビエト連邦の安全意識が低かったからでしょう。 初期の宇宙飛行士が地球帰還時にはカプセルから飛び出してパラシュートで降下しないとカプセル着地の衝撃で死んじゃう設計でも飛行せてたりしましたし。

3人がナイス!しています

2

チェルノブイリ原発にもし格納容器があったら更に深刻になったのです。 即発臨界核爆発で屋根が吹き飛んだチェルノブイリ原発。 もし格納容器があったとしたら、格納容器圧力が限界まで加圧され、即発臨界核爆発で屋根が吹き飛ぶだけでは済まず、福島原発のように建屋の大半が大爆発して吹き飛んだでしょう。 殺傷能力を上げる圧力鍋等を使った圧力爆弾の原理です。 福島原発は、その格納容器が仇となり長期間冷却も出来ない空焚き状態となり甚大な被害となってしまいました。 意図的に確定診断を減らして福島の子どもたちの検査でも既に300人の発癌が確認されました。 被曝直後は癌の子を見つけたくてもA2判定自体が少なく、一人も癌の子は見つからなかったのに、今は早期発見を意図的に阻止しても300人。 でも、メルトダウンで直ぐに圧力容器も格納容器も溶融貫通破壊の福島原発が、もしもっと丈夫なプラントだったらそれより派手な爆発だったわね。 史上最悪な原子力災害となった福島原発。 我が国の全ての原発にはコアキャッチャーもありません。 大量に必要だと判明した汚染水タンクも用意せず、我が国の原発は世界一厳しい新規制基準に合致した、世界一安全安心な原発です♪と嘘をついて再稼働ですから、質問者さんもそれに騙されてるのでは? チェルノブイリ原発が即発臨界核爆発で屋根が吹き飛んだ時、日本の原発推進の専門家は、日本の原発は格納容器等々の5重の安全装備により同様な事故は絶対に起きないと、嘘をつき続けました。 原発推進の専門家に成れば成る程、格納容器が壊れるなんて思えなくなるという精神状態をカミングアウトする正直者もいました。 https://youtu.be/4sXccXQasMo 今でも知恵袋の原子力災害カテゴリー等を見ると、その原発が大好きで大好きで愛してやまない原発推進の専門家の原発愛回答や質問が御覧になれます。 福島原発は格納容器が溶融破損する前に即発臨界核爆発を起こしていたら、この大爆発も、もっと派手なものになっていたでしょう。 その福島原発を見ての通り、爆発圧力を逃す大きな開口面積のブローアウトパネルを持つ建屋も圧力を逃し切れず大爆発し、吹き飛んでしまいました。 ドライウエルベントやウェットウエルベント等々で、圧力容器の放射性物質を環境中に大放出していても、即発臨界核爆発時には何の役にも立たないのです。 ホントにホントに福島原発が即発臨界核爆発の前に圧力容器、格納容器が溶融破損していたのは不幸中の幸いでした。

画像

2人がナイス!しています

即発臨界核爆発に対応した格納容器や建屋が建設可能なら少しはマシであり、コアキャッチャーや膨大な数の汚染水タンクは原発には必須ですし、環太平洋火山帯の我が国で原発を使うなら、タービン建屋等々も含めた免震構造が必要だわ。 10兆円で足りるかしら? 元は勿論とれないわね。 下の画像は屋根が飛んだチェルノブイリではなく、史上最悪な原子力災害となった福島原発の画像です。

画像
2

チェルノブイリ事故は、低出力で運転していたらキセノンオーバーライドが起きて出力が低下し、出力を取り戻すために制御棒を上げたら出力が急上昇し、運転員が慌てて制御棒を一斉挿入したら、中性子が原子炉の反応を促進するために制御棒の下部についていた黒鉛に反射して即発臨界が起きて冷却材の水が蒸発してその圧力で建物が吹き飛んだという大変お粗末な事故だったのですが、格納容器があっても水蒸気の圧力には耐えられなくて、格納容器も建物も吹き飛んだと思いますよ。 尚、福島第一原発の3号機でも、核燃料プールで即発臨界が起きたと思いますので、 https://dot.asahi.com/wa/2020030600008.html?page=1 を見てください。

2人がナイス!しています

4

建設コストをケチったからだと思います

4人がナイス!しています