2022年何か今後の社会生活に有利な資格orスキルを会得しようと思っているのですが、自分の中で候補が多すぎるので客観的視点でどれが一番実益に繋がるのか意見をお願いしたいです。

簿記 | 資格155閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

簿記にします

お礼日時:1/11 20:47

その他の回答(6件)

0

HTML/CSSの言語に拘りませんが、2030年にはIT業界のエンジニアは、約79万人不足するといわれています。のでエンジニアを目指すといいです。

1

ボクシングor空手 10年ほど前に同僚が帰宅途中にDQN2人組にからまれ(金目当てのおやじ狩り)入院しました。 犯人は速攻つかまり、民事で賠償請求しましたが、1円も回収できなかったようです。無職DQNには裁判所の支払命令など無関係ですから。 それ以来、わが部署では護身術を学ぶ人がでてきました。

1人がナイス!しています

0

婚活ですね。 結婚して扶養手当、子供手当。 逆玉とかもありかな?

2

「社会生活に有利な資格orスキル」と質問者が限定しているので、まず、資格でもスキルでもない「婚活」は外れます。 「客観的視点でどれが一番実益に繋がるのか」という観点からなので、回答としては「質問者がそれらの資格orスキルを取得したあと、どう活かすかが明確になっているものが一番実益に繋がる」というのが回答になります。 どう活かすかが明確になっていなければ、実益に繋がらず、取得が目的になってしまうので。

2人がナイス!しています

強いて言うならば、質問者が「簿記」をメインカテゴリに設定していること、候補の中で一番最初に記載していることから、「日商簿記2級」なのではないかと推測します。

1

ボクシングor空手 格闘技全般

1人がナイス!しています