太陽光発電のパネルに寿命はありますか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

太陽光発電設備の設計他をしています。 寿命は有ります。 メーカー、型式により一定では有りませんが、基本的に20年です。 20年で壊れるのか?というと そうでは無く、その頃には発電はしますが、発電効率が随分と悪くなっています。 よって、20年を超えて発電させるのであれば、パネルを新しいものに交換した方が費用対効果も良いでしょう。 それに、20年前のパネルよりも現在のパネルの方が性能も良いので、わざわざいつ壊れるか解らない中古の低性能パネルを買う必要も無いでしょう。

0

パネルの寿命は「わからない」が正解です。だって太陽光発電パネルができて30年ほどだから。ただその頃のパネルでもさほど効率が落ちずに現役で使えています。現代の方がはるかに品質が上がっていることを考えると40~50年、あるいはもっと使えるのかもしれません。25~30年という話が多いのはメーカーの出力保証期間だからだと思います。逆に言うとその期間はメーカーに交換してもらえるくらい品質が保証されてるということです。 ちなみにパワコンは10~20年くらいで交換でしょうね。現行型なら改良されてもう少し持つかもしれません。

0

パネル自体の寿命はとても長いものです。 私が使っているパネルは、20年間使われた中古品を20年以上前に買いました。 現在、見た目は変色が有りますが、発電能力はほぼ定格のとおりです。 10~20年で寿命と言うのは「パネルを保持しているフレーム」などではないのでしょうか。 私の住んでいる場所は多少塩害のある地域です。 10年で使えなくなるのは不良品でしょうね・・・ 宇宙ではとてつもない温度変化の環境でも、おいそれと寿命にはならないそうです。 尤も宇宙では雨など無いので、単純な比較は出来ないですけど・・・

5

電気的な寿命はほぼないと言えます。1年ごとに0.5%ほど発電量が減るのですが、これは保護ガラスの透明度が下がることが原因だそうです。 物理的に壊れなければ何十年と使えます。 既に60年稼働しているものもあるそうです。

5人がナイス!しています