日本は2000年ごろまでは終身雇用制度だった!?って本当でしょうか? 形式上はね! 上場企業はそうだったかもしれない。 組合も有りましたし。 反面、

補足

補足、。 団塊世代がすごく幸運だった件。 ーー運よく高度成長と重なって、1960年~1070年 企業が採用人数を急増させた!? で、雇用にあぶれる人が出なかった。 団塊世代は奇跡的な運の良さが有った!? また、50歳からバブル崩壊後の不況に直面したが、 管理職世代が中心となってスクラム組んで、 60歳定年になるまで、団塊世代の雇用が守られた。 その下の世代は割を食った?

ベストアンサー

0

補足、 補足、。 団塊世代がすごく幸運だった件。 ーー運よく高度成長と重なって、1960年~1070年 企業が採用人数を急増させた!? で、雇用にあぶれる人が出なかった。 団塊世代は奇跡的な運の良さが有った!? また、50歳からバブル崩壊後の不況に直面したが、 管理職世代が中心となってスクラム組んで、 60歳定年になるまで、団塊世代の雇用が守られた。 その下の世代は割を食った?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 団塊世代がすごく幸運だった件。 ーー運よく高度成長と重なって、1960年~1070年 企業が採用人数を急増させた!? で、雇用にあぶれる人が出なかった。 団塊世代は奇跡的な運の良さが有った!? また、50歳からバブル崩壊後の不況に直面したが、 管理職世代が中心となってスクラム組んで、 60歳定年になるまで、団塊世代の雇用が守られた。 その下の世代は割を食った?

お礼日時:1/18 6:23

その他の回答(2件)

1

今でも終身雇用、年功序列ですよ。 日本ほど労働者を甘やかしまくった体制を取った国は世界には他にもありません。 他国だと成績が悪いだけでも、クビにすることが可能ですから。 余りに正社員に対して過剰保護過ぎるせいで、転職市場が育たず、一度レールを外れた人間の再キャリアは断たれるし、優秀でも若ものは安い給与しか得られないという弊害のほうが大きくなっていますね。 企業も内部留保を大きくして生産性が下がりますし、一度雇えばクビに出来ないし給与も下げられないのなら、安易に雇用出来ないし、昇給も出来ない。 日本が低迷している根本理由です。

1人がナイス!しています

1

中小企業でも年功序列の終身雇用だったけどね。しかも会社の都合でリストラするなんて信じられないって時代もあったけどな。「リストラ」って言葉自体が戦後成長の人口ボーナス期が終わって経済規模が縮小に向かいだしてから急に使われるようになった言葉だと思う。 日本が困窮するのは人口動態からして自然なこと。消費税とか小泉改革のせいにしてるのはテレビのコメンテーターが「そういったら納得感があるから」。実際は違うと思う。

1人がナイス!しています