ID非公開

2022/1/13 0:40

77回答

母の送り方について。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

無事に兄弟3人が揃っている時に手を握って送ることが出来ました。 皆さまの真摯な回答心より感謝します。 たくさんの方を送られてきたホスピス看護師の方の回答はとても心強かったです。 ありがとうございました

お礼日時:1/19 22:19

その他の回答(6件)

0

いきなり亡くなるより、最後の時間に子供達が集まってくれて、既に幸せを実感していると思います。 もうされていると思いますが ・何かしたい事はないか、何でも叶えてあげると伝える ・正直、まだ受け止め切れていない少しでもいいから長生きして欲しい事を伝える ・貴方の子供で良かったと思っている、感謝している事を伝える ・辛くなるかもしれませんが、まだ話せるなら会話している動画を撮っておくのも現実逃避で生きている時の事を思い出す為にいいと思います。

1

私も高校生の頃に癌で母を亡くしました。 当時は反抗期で口もきかないし、お見舞いなんて一度も行かずに母は旅立ってしまいました。後悔してます。 失礼かと思いますが、泊まり込みで会っている貴方が羨ましいです。 私はとにかく産んでくれた事、高校入学まで面倒を見てくれた事にお礼を言いたいです。 感謝の気持ちを何から何まで最後の最後まで送り続けたいです。 勝手な事を言いますが、子供達に囲まれてお母様はとても幸せなのではないでしょうか。

1人がナイス!しています

0

全く私と同じ状況で驚きます。 母は自宅で看取りました。姉弟2人近くに住んでいたので3人で事切れるまで見守りました。 後悔している事といえば、感謝の言葉を言わなかった事に後で気がつきました。お母さんお母さんと手を握るだけで、何であの時有難うって言葉が出なかったんかなと。 その他の後悔も沢山ありますが、みんなに話すといやいや、よく面倒みたよと口を揃えて言ってくれます。 どれだけ尽くしても後悔するんだろうなと思います。 生きているうちに想いだけはお伝え下さい。

ID非公開

質問者2022/1/13 8:06

回答ありがとうございます。 実は医療用麻薬の効きも薄れてきており、 今後は鎮静剤の使用に突入していく見込みですので、意識レベルが低下することが想定されています。 そこで先日、 母にこんな話はしたくないが意識がしっかりしているうちに、と前置きをして、 今までの感謝とお礼、そしてお別れを言いました。 感極まり号泣しながらになってしまいましたが… おっしゃられる通り、多分どれだけやっても後悔はするものだろうと思いますが、 今できることを精一杯していきたいと思います。 ありがとうございました

0

4年前に、末期癌の母を送りました。76歳でした。 同じように、自宅で訪問看護や往診を受けながら、最後は病院でしたが… 後悔はありません。 治療も辞め、強い痛み止めの影響もありました。 どんどん弱っていく姿を見るのが辛かったので、亡くなった時は、お疲れ様…と言う気持でした。 お孫さんも含め、あなた達兄弟が入れ替わり立ち替わりお母さんの元を訪れて、笑顔で他愛のない話をしながら過ごす時間を、少しでも多く取ってあげることではないでしょうか。

ID非公開

質問者2022/1/13 8:07

回答ありがとうございます。 後悔のない看取りをされたこととても羨ましく思います。 それだけ出来ることを精一杯なされたのでしょうね。 私もそう思えるくらい出来ることは精一杯やって見送りたいと思います。

0

元気なうちにしておけば良かった事は旅行ですね。仕事が忙しくて断っていたら癌を発病してしまい、結局行けないままでした。これは何年も後悔しました。 妊娠中に亡くなってしまったので、孫の顔を見せられなかった事も随分後悔しました。でも出産後だったら看取れなかった可能性も高かったと思います。時期によっては葬儀にも参列できなかったかもしれない。今となっては出産前で良かったと思っています。 質問者様とご兄弟様は十分されていると思います。介護休暇を取れるのは良いですね。お母様との会話をたくさんして、思い出を作られてください。 母は亡くなる1ヶ月前から薬の影響で認知症のような症状が出始めていました。会話が成り立たず正直話すのもしんどい状態でした。 亡くなる3日程前にそろそろ帰ろうと思ったら母が寝てしまい(その日は暑苦しくてなかなか昼寝もできませんでした)、せっかく寝てるし起こさず帰ろうと病室を出ました。でもエレベーターに乗った瞬間、このまま帰ったらダメだと誰かに言われたような感覚がして病室に戻りました。特に霊感とかも無いんですが不思議な感覚でした。母を起こして「帰るよ」と声を掛けると「もう遅いから気を付けて帰って」と言われました。母親らしい言葉を聞けたのは1ヶ月振りでした。 私が母と会話したのはそれが最後でした。次に行った時には意識がほぼ無くなってしまっていました。あの時、病室に戻って本当に良かったと思いました。 最後まで会話ができる状態とは限りませんから、話せるうちにたくさん話しておくと後悔が無いかと思います。

ID非公開

質問者2022/1/13 8:10

回答ありがとうございます。 実は旅行については、我が家でも同じ境遇です。 母は常々何度も通った思い出の地のニュージーランドでもう一度現地の友人に会うことを楽しみにしていましたが、病気が発覚した時にはすでにコロナ禍。 連れていくこともままならず、結局国内の旅行すらも出来ませんでした。 日々、今日話せるのが最後かもしれない、という思いを持って接していきたいと思います。