ID非公開

2022/1/13 6:03

77回答

今の時代、高卒の偏見が少なくなってきてはいると聞きかすが、実際の社会ではまだ高卒をバカにする等の風潮はあるのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

実際に仕事ができれば、会社内での評価には影響はないと思います。 ただ、初任給が違う(高卒4年目でも、大卒1年目の給与を超せない可能性もある)とか、業種や職種にもよりますが、昇進の上限があるところはあると思います。 最近の風潮では、高卒=低学歴、低学力、というよりは、大卒全入時代なので、家庭の経済的な面の方に、偏見を持たれることもあるかと思います。そんな人はほんの一部だと思いますが… 商業/工業など、就職を見据えた学科や、 高校で好成績をおさめて、公務員や大手狙いなら、高卒も良い選択だと思います。

0

他の会社のことは分かりませんが、少なくとも私が率いる会社では高卒・大卒の差はまったくありません。 求人募集も高卒・大卒の区分はなく「高卒以上」という条件だけです。 つまりは学歴は関係なく、社会人としての良識を持っていて、当社で働く強い意志があるかどうかが合否の境界線なのです。 入社学力試験(数学・国語・英語・社会常識)の出題レベルは高校でちゃんと勉強してきた人であれば70点は取れる程度です。それでも、大卒者でもそれに届かない人がそれなりにいるのが現実なのです。(具体的にどこの大学とは言いませんが) もちろん、そうした人は不採用となります。 また、学力試験をクリアした人は採用面接に進むのですが、当社では面接官は人事・事業部門から選抜した3名体制で、時間はひとり1時間を標準としています。この中で「どんな仕事がしたいのか」という本人の意向を聞き出し、そうした仕事に適応する人材かどうかを含めて、多角的な視点でその人物の特徴や人間性を把握・評価して合否を判定するようにしています。 ここに学歴は一切反映されません。 入社が内定した人とは3カ月間という有期で試用社員として雇用契約を締結しますが、この3か月で徹底した新人教育を実施し、複数の配属先候補での実践も組み込んでいます。 つまり、実際に職場に入ってみてもらって、互いにその適性を判断しようとするものです。 この試用採用時の給与は全員が同じ給与です。つまり、高卒も大卒も同じ給与なのです。(支給額レベルは一般企業の高卒程度です) で、この試用期間を終了する段階で、正式な配属先(仕事の内容)を決めるとともに個々の能力を判定した上て正社員としての採用給与が提示されます。 それに異論がある人は退職する自由もありますし、会社としては一切引き留めはしません。「働きたくない」と思う社員は戦力になりませんからね。 この段階で提示される給与はその学歴とは関係なく、試用期間中の評価に基づいて5つにランク分けされます。最高レベルの評価とされた人は一気に5万円ほど昇給しますし、最低レベルの人は試用期間の給与に3千円程度が加算されるだけになります。 ですから、高卒でも最高額を得る人がいる一方で、大卒でも最低額にしか評価されない人もいると言うことです。 言わば「実力次第」「人間性次第」だと言えるのです。 こうした人事評価制度のおかげで、高卒でも40歳代で取締役に就いている人もいますから、要は「本人の努力次第」なのです。 こんな会社もありますから、高卒だから駄目だと言うことは絶対にないと思って努力してください。 まともな会社は、努力を見逃さないものですから。

0

世間の多くの人が相手を評価する時に使うモノサシは学歴ではなく「就職先」や「稼ぎ」や「職業」等ですよ。 シビアな話ですが『金の無いのは首の無いのと同じ』という言葉があるでしょう。 ですから、高卒でも優良企業に就職して沢山稼いでいれば大体問題は無いと思います。 但し、ろくな職に就けず低待遇な職場で働いている大卒が、自分のプライドを守る為に必死になって高卒の人を貶す事はあるでしょう。(負け犬の遠吠え) そもそも、今は私立大学の多くが定員割れしていて、余程酷い者でなければ「猫も杓子も」大学に行けるような時代です。 それゆえ、大卒の学歴だけでは【頭が良い】という評価にはならないのですよ。 逆に、高卒でも高待遇な一流大企業の正社員なら【ある程度優秀な人】になる場合が多いと思います。 ✷注意点 大卒も高卒も関係無く非正規社員だと、女性からの結婚相手としての評価が低くなる場合が多いですよ。 30代男性非正規社員の未婚率は75%程度というデータもありますよ。