回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/13 14:28

1919回答

結婚初日から大喧嘩。結婚しなきゃよかったのか…?

家族関係の悩み | 結婚11,570閲覧

1人が共感しています

回答(19件)

21

まずバスタオルを使うのやめて普通のタオルを使えばいい。 夜干したら朝乾くしそれから洗濯。 働けないといったって一か月に単発で2,3万とかは稼げませんか? 好きなものをそれで買えばいい。 彼のほうが結婚を後悔してるかもしれない。すべて一人でできたところに、あなたがお荷物にならないように。泣くとかは本当にやめたほうがいいです。 仕事を少しする、泣かない、などの努力を、もっと他の夫婦はしてます。 なのでそこですんでるのなら、できるだけ笑ってるとか明るく彼を支えるとかかな。お幸せに。 いやなら早めに離婚ですよね。

21人がナイス!しています

8

いいや。そんなもんじゃないですか。 私、男です。うちの結婚当時の状況と似てます、苦笑。 紹介とか、お見合いでは全然ないのですが、うちもお互い良く知らないで結婚しました。 私は個人的に、よく離婚の理由で挙げられる「性格の不一致」「価値観が違う」について、違って当たり前だろ!単なる言い訳。って以前から思ってましたので、違っても私はまあ違うからなぁーと思ってました。嫁はやっぱり不満と不安で、一緒に生活できないなどと、何度も話をされましたが、何とか「違って当たり前」「価値観が同じなんて面白くない」と説得して何とか保ってます。何度か衝突して、嫁の譲れない点とかありまして、そこに引っ掛かるとできる範囲で理解できないながらも、ココは彼女が譲れないのだなぁと譲歩したりはします。そうしないと離婚になってしまうので。それは私には嫌なので。 収入も少ないですし、不安がらせて申し訳ないとは思いますが、そうなんですよね。 男はあまりグチグチされると逆効果ですが、たまに喧嘩をしてもらわないと、嫁が何を考えているのか、それは本心で言っているのかを含めて、鈍感すぎてわからないんですよね。「そんなこと考えるの?」「これがそんなに嫌なの?」の連続です。 あと、うちの場合はですけど、時間に関する考え方が全く違いますね。欲しいものがあって嫁はすぐ買いたい。私は例えばその大きさの家具だったらもう少し広い部屋に引っ越してから買った方がいいと思う。でも嫁的には、じゃいつ引っ越すの?いつ?と。で、嫁は結局、部屋に合わなくても買って満足します。まあ、そんなこんなです。 旦那が不満をグチグチ言うのは良くないですね。言っちゃうこともありますが、良い結果を生みませんね。 もちろん、まだうちもその過程ですが。死ぬまでに価値観が違っても以心伝心でおもしろおかしくなれれば良いんですけど。そもそも嫁の方は価値観が違うのに以心伝心が良いかどうかも、めいわくな話かもしれませんがね。

8人がナイス!しています

8

また働けるようになったら働いたらいいと思うし、そしたら遠慮せずスーパーで買い物できると思います。 できるだけ生活感なくさっぱり暮らしたいんじゃないですか? ものを減らすことも考えたらいいと思う。

8人がナイス!しています

泣くのとかは控えたほうがいいと思います。 伴侶が欲しいのであって、依存される子供が欲しいのとはちがうので、支えてあげること考えないと。

13

うーん、まず新婚生活がそんなに幸せと期待しない方がいいですね。 結婚直後って他人と暮らすってことですから、 意外とぶつかり合うものなのかもしれません。 ただ、将来二人の間にちょっとした亀裂が生じたときに 「あ・・・あの結婚直後の直感は本物だったんだ」と 思い返す時が来るかもしれません。 実は私も、結婚式の翌日から新婚旅行に行って、 その旅行から帰ってきてすぐに作ったチャーハンを、 彼に出しても何のコメントもないので、 食後に私から「チャーハンどうだった?」と聞いたら 夫は一言「チャーハンとは、具と御飯が同じ量でないといけない」。 私は怒って「それっておいしくないってことなの!?」と けんかになりました。彼は何も動じず 「自分はただ事実を言っただけだ」と言って、結局 うまいともまずいとも、作ってくれてありがとうも言わなかったです。 悔しかったし、おかしいなと思ったけれど、 結婚式を挙げたばかりでけんかはよくないと 自分で自分に言い聞かせましたが、 20年以上たった今になって、夫は アスペルガーなのではないかと気づきました。 妻を獲得するまでは良いことを言うんだけれど、 獲得した結婚後は地を出したのではないかと。 私は20年以上我慢してきましたが、 いよいよ辛くなってきて限界を感じております。 できれば質問者様は我慢をせず、 小さなことでも話し合いをすることが大事です。 子どもがいなければ離婚・再婚も簡単です。 質問者様のお幸せをお祈りしております。

13人がナイス!しています

9

私は関西から東北の夫が住んでいた賃貸に入る形で結婚・引っ越ししたのですが、気の利かない人なので、次のアパートに引っ越しするまでの数ヶ月、私、引っ越した来たときのままの段ボールで生活させられましたよ。 今でも恨みに思ってます笑。 新婚生活、同棲なしですからお互いの価値観のすりあわせです。 ましてや夫の住居に妻が入る形ですから、自分のテリトリーを侵害されるがわと、自分のテリトリーをゼロから作る側です。 妻に居場所を作る気がない(作ることができない)なら、一度引っ越してしまうのも一つです。 居場所が少ない・狭いと尊重されていない気がしますよね(6畳間に不要品押し込めて4畳半の部屋を私に用意した旦那に怒り心頭でした)。自分は生活変えずにお嫁さんだけ手に入れようって根性が気にくわない。 あと、新生活が始まるのですから、あれこれお金はかかります。 タンスや棚一つでも万単位ですから。 嫁入り道具的な、「新生活に必要な臨時出費」と「日々の生活」の予算・支出は分けて考えた方がいいと思います。 その上で、生活費にかかるお金の予算立てと支出の確認を二人でしていけばいいと思います。 私も一人暮らしをしたことはなかったですが、別に浪費家でも何でも無かったので支出が多過ぎと文句を言われたことはなかったですね。 単純に食費や水道光熱費は倍にならなければ想定内だと思います。 お互いがお互いの生活に「責任」を持つのが結婚ですから、楽しいことばかりじゃないですよ。 闇雲に不安になったり文句を言わずに建設的に、二人の間にある問題をどうすれば解決できるか話し合っていけるといいですね。 結婚当初の自分のことを思い出して雑多な回答になってしまいました、失礼しました。

9人がナイス!しています