マッキントッシュは、 音楽、芸術に向いている、というのは 今もそうなのでしょうか? ソフトがマックのほうが充実しているのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

30年前、確かにそんな状況はありました。 DTP、音楽制作、デザイン、こんな分野では、Macintoshがよく使われていました。 元はと言えば、ExcelもWordもMac用アプリケイションでした。 いま、Macにあるアプリケイションは、ほとんどWin版もあるでしょう。 アプリケイションを起ちあげてしまえば、多少の差こそあれ、MacでもWinでも同じです。

0

PCのOSシェアは70%以上がWinですから、アプリケーションソフトや周辺のツール等も殆どがWinです。 Winの方が全ての分野で応用が広い。 もちろんビジネスの会社利用は全てWin。 映像制作ジャンルもWinがメジャーですよね。

0

それはあり得ませんb(^-^ 過去から、一部のアップルヘビーユーザーによるそのような書き込みが多く見受けられます。 これについてはその道で活躍している方によるもので、その創作活動を行うのはパソコンではなく人間の想像力ですから、使う道具をそれにすればプロ並みの創作活動ができると思い込む素人考えだと思います。 その方面の第一線で活躍されている人の意見を鵜呑みにした素人がそれを超える作品を作れるならみんなMacを買います。 でも音楽や芸術やYouTube動画投稿などの創作活動をしているアーティストと呼ばれる方々のほとんどはWindowsPCユーザーです。Windows向けの周辺機器とアプリケーションソフトウエアの方が充実しているからです。 私自身は創作活動と言うより趣味でイラストや絵画を作製するのにWindowsPCを使っています。理由は周辺機器が安価でアプリケーションソフトが充実しているからです。 もしご質問のように質問者様の創作活動にMacが優れているなら質問されずに自身で使い始めているはずですが、それがないという時点で、Macを買うための背中押しを回答から得ようとするだけの質問ではないかと感じるのは私だけではないかと思います。 Macの優れているところを見いだせるなら迷わずMacを購入してください。

0

毎年のOSのアップデートの度にソフトがまともに動かなくなるなどの不具合が出ているので、こんな使い勝手の悪いPCはないと思います。 修正プログラムが出尽くすまで数か月使い物にならない事もあるので、 それが向いているかどうかは微妙なラインです。