パパ活 について 訳あって2ヶ月ほど前パパ活をしている大学生女です。

税金11,938閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

お忙しい中コメントありがとうございます。 では110万を超えないよう、調整してお金を受け取った場合は申告の必要も無く、税務署はお金の流れが分かっていたとしても連絡してこないということでしょうか…? そういった場合は自由に頂いたお金を使ったり通帳に入れることは問題無いという解釈で捉えてよろしいのでしょうか? 何度も申し訳ございません<(_ _)>

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました…!

お礼日時:1/27 13:33

その他の回答(10件)

3

この際パパ活(援助交際)の是非は置いておいて パパ活で得たお金の意味はどういうものだと思ってますか? 給料なら風俗と同じ類です パパから貰ったお小遣い(生活費)とかなら 生活費としての仕送りは贈与税の対象外 前述のように、生活費として必要な仕送りに贈与税はかからないため、基礎控除の110万円は関係ありません。 また、生活費として認められている金額に上限はありません。 ... 生活費としての仕送りであれば非課税なので、贈与税の確定申告も不要となります。 とあるので、パパから貰った生活費です。と思っておけばいいんじゃない? 申告したら多分出所を突き止められてパパが捕まりますし貴方の親にもばれます。

3人がナイス!しています

1

金銭のやりとりを公にして記録にも残したいとか、地雷でしかないでしょう。 口座に入れてないのは賢明ですね。使ったらばれるとありますが、どんな使い方をするつもりでしょう。ご自身の扶養内で収まる程度のバイト代(じっさいにやってるかは別として)や親御さんの仕送り、小遣いの範疇であれば、誰もいぶかしがったりしません。 そもそも生活費や学費として支援を受けているのでは? 生活費として使った分や学費として支払った分は贈与に該当しません。たとえば年間120万もらったとして、生活費で60万使い学費で50万使ったなら贈与は10万です。他の収入(こちらは必要に応じて所得税を支払っています)や親からの仕送り(これがあるならパパ活なんてしないと思いますが)はおいといて、援助してもらったお金で生活すれば贈与税を支払う必要はないのです。 というのが私の見解。あとは他の回答者さんの見解も踏まえた上でご自身で考えてください。

1人がナイス!しています

1

①納めなくていい。 そんな人聞いたことないです。 水商売や風俗の人って税金なんか収めてないですよ。 あなた手渡しなんでしょう? 取っ払い中の取っ払いです。 ②ないけど銀行ぐらい入れたらどうですか? ③ないです。

1人がナイス!しています

1

納めるべき。 国税庁は甘くないですよ。 脱税で摘発されます。

1人がナイス!しています

3

ぶっちゃけ納めなくていいですよ。 現金を持っておくのが怖いなどがあるのならば、将来値が上がったり換金できるもの(金や銀など)に変えて保管しておいてはどうですか? 質問者様はいろいろな人にしゃべらなければばれませんし、現金だと足がつかないから証拠もとれません。 なので税金もとられませんし、バレません。

3人がナイス!しています