なぜバイクて1速と2速のあいだニュートラルがあるのですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像

新車 | 中古車934閲覧

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

その他の回答(9件)

4

Nで止まっており、発進時に踏み込んで1速に入れたほうが発進しやすいからです。 N→1速→2速だと発進時に1速にするために蹴り上げなければいけません。 それだとNから発進時にタイムロスし、操作しにくいからです。 ひと昔前はN→1速→2速のバイクも存在しましたが、誤動作や使いにくいため段々と消えていきました。 各メーカーが、この配置がいいと判断して1速と2速の間にNを置いて常態化したのでしょう。

4人がナイス!しています

1

KSR110なんてボトムニュートラル。実際に乗ったら、まあ使いにくい。 慣れないうちは何度も空ぶかしする。そんなんで全部ペダル踏み込んだら1速で その次にNにしようとしたのは理にかなっている。6速の上がNよりはましだろ。

1人がナイス!しています

1

昔は様々シフトが有った。 僕が乗っていたヤマハはN-1-2-3-4だった。 それらが淘汰され現在形になったのは、それなりの理由があるのだろうと思いますが、確定的な理由は知りません。

1人がナイス!しています

2

Nが一番下だと無闇に下に踏み込み続けた時に不意にNに入ってしまうのです。 従いまして意図的にNに入れようと操作をしないとNに入らないようにしているのです。

2人がナイス!しています

2

誰が決めた? 昔はいろんなシフトパターンが有って、それぞれ各メーカーの特徴が見られましたが、走行中シフトアップシフトダウンの最中にNに入ると危険なんですね。 自然に1ダウン4アップ、5アップが主流になって行っただけ。 今更売れないシフトパターンを作る訳が無い。 無いのですか?ではなく昔はいろんなのが有った。 あんたが知らないだけ。

2人がナイス!しています