ID非公開

2022/1/14 9:59

55回答

ガンダムでミノフスキークラフトと言うのがありますが、あれがあれば翼とかブースターとか関係なく飛べると言う事でしょうか? これに推進剤が加われば移動も可能と?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

ミノフスキー・クラフトは基本戦艦だったはずです。 MSはミノフスキーフライト。 まあ多分どっちも似たものですが。 イメージとしては空中に自由に地面を作ってその上に乗っかる感じです。乗っかってるだけなので移動するにはスラスターを使って推力を得る必要があります。 ユニコーンが飛んだのは単純に推力で体を支えたからです。ロケットと同じですね。

1人がナイス!しています

1

ミノフスキークラフトの詳細な設定等は書籍やWikiなどに巻かせるとして、「磁石どうしを反発力させて」浮くのをイメージすると分かりやすいです。 周囲に散布されたミノフスキー粒子に対して反発力を得る事で浮遊しています。 非武装にされたユニコーンガンダムが飛んでいたのはスラスターの推力による力任せです。

1人がナイス!しています

1

ミノフスキークラフトは浮くだけですので、 クラフト以外に、移動するための、 熱核エンジンによる推進器が必要でした。 つまり原理的には飛行船とかと一緒です。 宇宙世紀120年代(F90~91あたりの世代)になって、 粒子の反発を任意の方向へ集中させる、 ミノフスキードライブが実用化され、 それで初めて外付けの推進器を必要としない、 ミノフスキー粒子の技術のみでの「飛行」が可能になりました。 初めて搭載されたMSは、恐らくF90のWタイプ、 F90のMG化に際して、最近新たにデザインされたものです。 https://p-bandai.jp/item/item-1000168117/?orgurl=http%3A%2F%2Fp-bandai.jp%3A8443%2Fitem%2Fitem-1000158721

1人がナイス!しています

1

実はミノフスキークラフトというのは、ガンダムが放送終了してからの後付理論で、いわばファンダムからの提案を公式が後から認めたものです。 なので科学的根拠があるものではなく空想の産物です。

1人がナイス!しています