三国志の曹操が自分の臣下かつ自分の一族ではない人物で一番厚遇したのは誰でしょうか?

中国史368閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

1

位でいうなら、魏の相国の華歆、左右将軍の于禁・楽進あたりか。 貴族としては、張魯が曹操に降伏後、一万戸の列侯となり、賓客の待遇を受けた、とあります。 郭嘉は曹操の側近でしたけど、位は高くないし、早死にしてるので、厚遇というのとはちょっと違うかな。 司馬懿は曹操時代にはさほどじゃないです。 劉備も曹操の部下時代、左将軍・豫州牧・宜城亭侯とし、曹操と同じ乗り物に乗り、同席も許されるという特別待遇でした。もっとも、すぐに離反しますが。 まあ、張魯(一万戸)、張繍(二千戸)などはもともと独立勢力だったこともあっての厚待遇ですし、劉備もそうです。 それを思うとやはり荀彧でしょう。 荀彧の長男に娘を嫁がせ、二千戸の貴族に列せられ、諡号も送られました。 曹操の部下で一番早く諡号を送られた人じゃないかな・・・。

1人がナイス!しています

0

質問者様の質問の真意が少し分からないのですが、どちらが正しいのでしょうか? ①臣下の中で、親族ではない者 か ②臣下でもなく、親族でもない者 なのか ①の場合なら、やはり荀彧か郭嘉だと思います ②の場合なら、関羽か劉備でしょうね

2

なんだかんだ荀彧では。晩年があれというなら荀攸・程昱・郭嘉辺りで。 武官なら于禁・楽進・張遼かなと思うが、位を考えると于禁かなぁ

2人がナイス!しています