回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/16 11:08

77回答

トンガ大噴火で寒冷化

補足

このままだと、またお米できないよね。タイ米は、勘弁して。だから内燃機関自動車にしよう。火力発電に頼ろう。でいいかな?

1人が共感しています

回答(7件)

1

寒冷化しても一時的なものです。 単に自然界から再エネ社会への変革へのタイムリミットを延長してもらったと思って、危機意識をもって再エネ社会への変革に邁進しましょう。

1人がナイス!しています

2

トンガの噴煙は16000~20000mで、10000mを超えていますから、一時的に寒冷化します。 火山灰は粒子が大きいため、早々に落下しますが、成層圏に達した亜硫酸ガスは硫酸ミストとなり、大気を混濁させて2~3年は一時的な寒冷化を引き起こします。 火山噴火による寒冷化は起きません。寒冷化は太陽活動の低下、ミランコビッチサイクルに伴う北半球高緯度の日射の低下で起こります。 温暖化の原因は1950~2006年の1万年ぶりの活発な太陽活動、現代極大期ですから、脱炭素は不要です。 二酸化炭素は吸収可能な波長の赤外線を全部吸収済ですから、濃度が上昇しても赤外線の吸収は増えず、温暖化は物理的に不可能です。

2人がナイス!しています

0

火山の噴火で気温が下がるのは一時的で、フィリピンのピナツボ山が噴火して下がったのは一年半程度です。 タイ米知ってるくらいだからピナツボ火山噴火も知ってるんじゃないかな あれから結構たって若い人はバターライス、パエーリャ、各種カレーで毎日でも平気、そう言うのはインディカ種のタイ米の方が美味い と時代も変わっていると思います ウィキにピナツボ噴火も載っています。これはタイ米の原因じゃなかったと思います。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%8A%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%9C%E5%B1%B1#%E5%85%A8%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF 世界に対する影響の一つとして 「成層圏へのエアロゾルの大量放出の結果、地表に達する太陽光が最大で5%減少した。北半球の平均気温が0.5から0.6℃下がり、地球全体で約0.4℃下がった。同時に、エアロゾルが輻射を吸収して成層圏の温度が通常より数℃上昇した。噴火で作られた成層圏の雲は、3年間も大気中に残存した[3]。」 という事ですがトンガの場合海底火山の爆発であって、エアロゾルの大気中への拡大は全く期待できません。 地球の平均気温は上昇しているのはトレンド線で見たら分かりますがブレがありながら長期トレンドで見たら上昇しているのです。 時々下方に大きくぶれる年は火山の爆発があった年と一致したりしますがCО2は増えていくのですぐに上方に大きくぶれて温暖化します

1

しばらくの間寒冷化する。 親炭素党を立ち上げて世界経済の後退を食い止めるのが良い。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/16 12:17

面白いですよね?巨額利権原子力村が、作り出した幻想脱炭素説を聞きました。それが、寒冷化!ビックリ〜!