古代から現在に至るまで中国の歴代王朝は日本を丸ごと占領しようとしなかったのでしょうか?(白村江の戦いや元寇などをのぞいて) その価値がないからとか・・・。

中国史 | 中国史97閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。 参考になりました。

お礼日時:1/20 4:59

その他の回答(4件)

0

現代はよくわかりませんが、古代の中国は「朝鮮半島の植民地化の為に、後方からのけん制の為に、倭国と関わっている」というスタンスではないでしょうか!

0

いえ、古代中国はずっと日本を欲していました。 秦の始皇帝の頃からずっと続いています。 しかし秦や漢の頃は臣従しましたが、ヤマト朝廷が日本に創立してからは臣従の礼は取らずに進んでいきます。 ヤマト朝廷は海を渡って朝鮮南部に影響を与えるほどの軍事力を持っていました。 その時の唐は残念ながらそこまでの軍事力は持たず、新羅と連合しなければヤマトの軍は蹴散らせませんでした。 その後、海洋戦では中国王朝は日本にずっと勝てていません。 特に明は李氏朝鮮と同じく、倭寇に手酷くやられています。 なので実質、日本を手に入れられたのは倭の時代しかなく、それ以降は欲しくても勝てないのでできませんでした。

0

中国の王朝は、朝鮮半島すらなかなか征服できなかったので、まして、渡海の必要がある日本まで侵攻するのは難しかったのでしょう。 隋は高句麗遠征で疲弊して滅び、唐も新羅の統一を妨げられませんでした。朝鮮を占領・支配したのは、異民族王朝の元・清の2回だけですが、その元王朝ですら元寇には失敗しました。 ちなみに、元のフビライに仕えたマルコ・ポーロが「黄金の国ジパング」と書いていますし、戦国時代の日本からは石見銀山の銀が大量に中国に流れ込んでもいるので、価値がないとは思っておらず、ただいささか遠過ぎただけなんだと思います。 中国の歴代王朝は、清代になるまで台湾すら放置していましたし、琉球にも冊封使を送って臣従させるだけで、出兵はしていません。 逆に、日本から攻めてくるということも、秀吉の朝鮮出兵ぐらいしかなかったので、朝貢を申し出てくるなら別に構わないが、そうでなければあえて従わせることもない、ぐらいの関係だったということでしょう。今でこそ隣国ですが、昔はもう少し遠い関係だったのだと思いますね。

0

もちろん占拠する価値も無いし、コストが かかりますからね。元々中国大陸広いし、 土地を手に入れても維持するのが大変過ぎる。