ID非公開

2022/1/16 23:01

44回答

今まで読んできた本でこの表現きれいだなぁ、とか感心した一節や言葉を教えてください。

小説 | 読書101閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:1/18 23:19

その他の回答(3件)

1

・春が2階から落ちてきた ・桃色の薔薇が可憐に咲き、やがて散る ・物言わぬ彫像の、愛に満ちた表情ときたら ・許されなくて良いのです、もういいかと、呆れるまで

1人がナイス!しています

0

「カナリアのように黄色い自動車だった」 『モンマルトルのメグレ』から

0

格納庫の並ぶ湾岸の日溜まりに、 きみは生まれた。 海峡ゆずりの切れ長の瞳。 島々を点綴する潮の髪。 灼けた頬。 ときにもつれる柔らかい脚。 転戦にあっても、 きみは声を荒らげぬ技巧に死への反抗をひそませるから、 その年齢はゆっくりと、 日々の裏側へとどまっていく。 平出隆「胡桃の戦意のために」 111の詩篇からなる平出隆の詩集の一節