2022年共通テスト世界史Bの問題より、問題番号9で、「ある民族や集団について研究する際に、別の民族や集団が残した記録を史料とする」例として、「パスパ文字で書かれたフビライの命令文書を用いた、

世界史 | 大学受験240閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま、迅速丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:1/17 13:40

その他の回答(2件)

0

その文書は大元ウルスで公用語として用いられたパスパ文字を使ったフビライの命令書になりますので、と言うことはその文書は「別の民族」ではなくモンゴル族(あるいはその支配下にある役所)が残した記録となります。それゆえ間違いとされたのです。 パスパ文字を作ったのはチベットの僧侶ですが、かれはフビライに命じられてこれを作ったので、チベットの文字と言うより、大元ウルスの文字として作られたわけです。 さしずめ、日本で漢文で書かれた公文書が有っても、それが日本に渡来した大陸人の手や日本の役所で作られたものなら、別の民族の残した史料ではない、と言うことになるのと同じことです。

0

パスパ文字はフビライがチベット仏教僧のパスパに作らせた文字です。チベットの人々が元々使っていた文字ではなく、フビライの命によって元朝で作られた文字なので、別の民族や集団が残したものではないと判断できます。 ご参考になれば幸いです。