東京電力福島原発が次々とメルトダウンし、次々と大爆発して吹き飛んだ事故の被曝から三年目に、予測どお小児癌も激増状態になってしまいましたが、

画像

3人が共感しています

ベストアンサー

3
画像

3人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

津田敏秀岡山大学教授の論文で福島の甲状腺ガンは放射線とは無関係だととっくに証明されてますよ 福島医大の鈴木先生が「放射線の影響とは考えにくい」と言ってるからあなたが直接聞いたらどうですか。

1人がナイス!しています

東京電力福島原発が次々とメルトダウンし、次々と大爆発して吹き飛んだ事故の被曝から三年目に、予測どおり小児癌も激増状態になってしまいましたが、 それを被曝の影響とは考えにくいと言い続ける人も一部にはいますが、それはどんな根拠で被曝の影響とは考えにくいと言っているのですか? 被曝で直ぐにA2判定も激増し、被曝から三年目に予測通りに小児癌も激増でしたが、津田さんの論文云々ではなく、被曝直後はA2判定もまだ激増状態ではなく、福島検査でもその時点では調べても癌の子は一人も見つからず、その福島検査で小児癌も激増状態になってしまったのは、被曝から三年目だったじゃないか。

4

統計上、有意に増加はしていないということだと思います。

4人がナイス!しています

統計上とは、どんな統計ですか? 被曝直後は調べても調べても調べても、一人も小児癌の子は見つかりませんでしたよね! それが被曝から三年目には小児癌も激増状態になり、そこからとことん細胞診を減らして癌の隠蔽工作を図っても、既に300人ですよ。 何を根拠に統計上と言ってしまうんですか? 子どもたちの命も懸かっています。詳しく教えてくださいな。