自営業をしており 親の役員借入金が7.000万あります (父3,000万 母4,000万) 返済するには 純利益から税金引かれて返金しかないと税理士さんに言われました

税金 | 会計、経理、財務129閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0
ID非公開

2022/1/18 11:56

その他の回答(3件)

0

「親の役員借入金」とあるので法人(会社)だと思うが、一般的には個人事業を指す自営業とも言っている、どっち? ちなみに債務免除で所得税がかかると言う回答があるが、個人事業で債務免除を受けたら贈与税の課税対象だし、法人が債務免除を受けたら法人税の課税対象だから所得税の課税対象となる事はない。

0

役員借入を債権放棄すれば7000万円が収益となり、 多額の所得税が発生します。 累積赤字が7000万円以上あれば問題ないですけど。 相続人があなた1人でも3600万円は基礎控除されるので、 お父さんが死んでも相続税は0円です。 お母さんが死ねば400万円に対して10%なので40万円です。 もちろん、役員借入以外の遺産があれば税金はどんどん増えます。

返信ありがとうございます >役員借入を債権放棄すれば7000万円が収益となり、 多額の所得税が発生します 具体的にいくらか 所得税の計算方法教えて頂けますか?