回答受付が終了しました

ウルトラセブンの第42話「ノンマルトの使者」はなかなか意味深なストーリーです。脚本は沖縄県出身の金城哲夫さんによるものです。

特撮 | 天文、宇宙395閲覧

回答(11件)

0

いえ、海底人なら私はそれなら地球空洞説を支持したいです。 ナチスの兵器もヒトラーもそこに潜んでこちらを伺ってるかもしれません。

0

この作を観て例の米UFOに関する報告書に明記されているものとダブってしまいました。 報告書にも海中を1000kmで移動するUSOが記されているので、ウルトラセブンはこうした事実を知ってか、あるいは暗示みたいなかたちで制作したのかもしれません。 カリフォルニア沖に海中都市が存在するとも言われてます。だから海軍が頻繁にUFOと遭遇するのでしょう。 海軍の演習をまるで監視するように、UFOがその海域に先回りしたりするのも、あのセブンの少年とダブってみえました。 >ひょっとすると地球の先住民は深海でひっそりと暮らしているのかも知れませんが、どう思いますか?。 海中は宇宙と同じくらい、まだまだ謎に満ちた世界と言われますからね。 USOが頻繁に目撃されることからも、その可能性は非常に高いと思います。

0

海底から既に宇宙へ進出しているのかも知れませんね。『ネアンデルタール人の奇跡』を読むことをお勧めします。

0

深海に都市を築ける技術が有るならば、その技術で普通に氷河期乗り越えた方が早いと思うんですが?