事業復活支援金、個人でも最大50万とか聞こえの良いこと言ってますけど、細々やってる個人事業主は、めちゃくちゃ少額でしょう。50万なんて貰えない。。

飲食店 | 税金3,521閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

6人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

飲食店は会食ですから政府からの協力金です 損害補てんの協力金と一律給付金の性格を持つ持続化給付金は 使い道が違っていたわけです なお持続化給付金100万は計算上70万ぐらいの人もいたそうです 法人と違い個人企業は白色申告で税金の率は高いです 法人は200万円でしたが消費税導入以来法人税率は半分になっています そのため法人所得800万なら240万が120万になっていますつまり毎年120万円の 給付金を受けていると同じで来年度も続きます個人が法人に比較して多めに出ているのはそのためです 支援金は50万円ですがどう計算しても100万に満たない人が多いいからでしょう

売上額単月30パーセントから50パーセントの個人企業は最大30万円が支援給付金となります50万円ではありません 消費税のない年売り上げ1000万円の店なら 小売りでは2割が所得となります飲食店は少し違い4割です 1000万円の5か月分売り上げ 1000×5/12=416万円 1月でも売上高が4割になったとして416-416*0.4=249万円でますが 30万円ですから30万円 1000万より少ない300万円の消費税非課税飲食店 やはり4割少ない月があるとしましょう 300×5/12=125万円 1月でも売上高が4割になったとして125-125*0.4=75万円でますが 30万円ですから30万円 消費税課税店1000万円以下でも30万円なら出そうです

5

なぜ飲食店が返金?我々は今まで多額の納税をしてきた。その中から一部を返してもらっただけだ。 他人の税金でしてもらったなんて考えは1ミリもない。

5人がナイス!しています