ID非公開

2022/1/20 5:31

33回答

創価学会のXデーはかなり近づいているのでしょうか?

宗教431閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

4
ID非公開

2022/1/21 7:59

4人がナイス!しています

その他の回答(2件)

4
ID非公開

2022/1/20 20:42

Xデーを目前に控えるような健康状態に陥っているのか、確かに、この半月や1ヶ月の間に、其処此処からいろいろな噂が滲み出ているような感じで、Xデー後の展望に向けて集約に入った準備をしているように思えます。 ただ日蓮本仏論から釈迦本仏論という噂はダミーの噂を流している節があります。あたかも日蓮正宗から日蓮宗の門下に下ると思われるようなことは創価学会としてはありえないので、釈迦本仏論はあくまでもダミーでしょう。 そもそも日蓮は「釈迦本仏」でも「日蓮本仏」でもなく、末法を説いたわけです。日蓮にとっては「釈迦本仏」も「日蓮本仏」もないです。日蓮が説いたのは、正法が次第に衰え、その後に末法となる、ということを説いたわけです。 創価学会としては、創価学会の出現で消えかかっていた正法が復活しており、そしてこれからも続くという成功美談にしたいわけです。正法の停滞期に日蓮が現われ、次の停滞期に創価学会が生まれたので、日蓮の功績と弟子達の功績とがあいまって末法にならずに済んだということです。そして現在は、創価学会のお陰で、また末法に陥りかけたのを正法の時代に戻したというストーリーを整備している内々の研究があるようです。 日蓮や創価学会のお陰で、今は末法ではなくて正法がしばらく続くために信心を続けようという内々の学説の素案を漏れ聞いた人が勘違いしたのでしょう。或いは「釈迦本仏論」の噂を流した可能性の方が大きいかもしれません。 おそらく「釈迦本仏論」の噂はフェードアウトして、その後に末法に関しての日蓮や創価学会の功績で正方の時代であるようなニュアンスの噂の中で、Xデーを迎えて、すんなり名誉会長の功績と共に、正法継続説が受け入れられる流れとなるのでしょう。

4人がナイス!しています

1

Xとは日蓮正宗との合併

1人がナイス!しています