ID非公開

2022/1/20 12:08

44回答

極軸合わせについて質問です。

画像

天文、宇宙 | 数学240閲覧

ベストアンサー

0
画像
ID非公開

質問者2022/1/20 22:31

南にズレた位置!それです!スッキリしました。 私の質問の仕方が少し文章力が下手だったのですが、極軸望遠鏡の使い方は熟知してますから、北極星が見えれば問題は無いのですが、普段は北極星の見えない側のベランダで良く使うので、その際はドリフト法を使っています。ドリフト法も随分と手馴れました。 外出して観る時は海抜0mの所に行きます。ここは光害から逃れられるので。 で、緯度はほとんど変わらず、海抜(標高)だけが変わるので、ほとんど赤道儀の高度の調整は要らないハズです。 ですが北極星の見えない側のベランダでドリフト法を行う時、やはり高度の調整が必要になります。それは一体何故だろうと思いました。 私が問題だと感じてるのは、赤道儀で星を追尾してる時に数百倍速以上で観察しても15分経たないとズレが分からない精度を求めている拘りからだと思います。

その他の回答(3件)

0

自分では納得してるみたいだが、 みんな何のこっちゃわからないので質問者さんはまとめる義務があると思う。

ID非公開

質問者2022/1/21 1:18

先ず、ドリフト法を駆使していない方の方が多いと思うので、私の拘りをまとめた所で誰も得をしないし納得されないと思います。義務は無いんじゃないですか? 極軸望遠鏡で、極軸を合わせても、真の天の北極に赤道儀を向ける事は運に近いです。 ドリフト法なら追い込めば、それに限りなく近づける事が出来ます。 厳密には、現在地の緯度に高度を合わせた赤道儀なら極軸望遠鏡に北極星は導入出来ているでしょう。ただ、それだけじゃ不満なんです。あまり変わらない緯度なら高度の調整が不用とされていますが、私の要求するレベルの話じゃ無かったので質問しました。 回答は得られましたが。 因みにドリフト法は3/1センサーのCM0Sカメラで、フルサイズ換算1600倍に恒星を拡大して行っています。追尾無しだと恒星の動きはモニターから1秒位で消え去る早さです。 極軸がある程度合っていれば15分程は中心に捉えられます。

画像
0

北極星は、2等星です。 肉眼でも楽勝で見えているんですから、極軸望遠鏡の視野に入れてから微調整するだけで済みます。 (1)そもそもどれが北極星かわからない。 (2)コンパスを使って方位を決めている。 建物の側だと、鉄筋や手すりなどでコンパスが狂う。 の、いずれかだと思います。

ID非公開

質問者2022/1/20 13:20

緯度がほとんど変わらない場所で標高が60m違います。見上げる高さの印象が違います。 見慣れてる星です。見間違える訳はありません。極軸望遠鏡の時角を合わせていたら、真北に向けたら北極星があるべき場所にいるべきでは? 極軸望遠鏡のアライメントは行いました。磁気で、コンパスがズレる事は当たり前に知っています。

0

北極星のように、非常に遠い天体からの光は、平行光線と考えて良いです。 つまり、水平面との角度は緯度が同じなら同じになります。 従って海抜には依存せず緯度に合わせるのが正解です。 もし合わないなら、水平面の方に問題があるのです。

ID非公開

質問者2022/1/20 13:15

本当ですか?水平はしっかり取っています。 私は高層マンションに住んでる訳では無いのですが、天体観望する場所は、自宅から1km以内ですが、そこは海抜0m 自宅は海抜60mです。緯度はほとんど変わらないので、三脚の水平をしっかり取って、極軸望遠鏡の時角を合わせて北極星の方向に向けたら高度の調整は済んでいるハズなのに、合って欲しい場所に北極星が導入出来て無いので疑問に思っています。 見た感じでの北極星の高さも海抜0mからだと見上げる感じですが、自宅からは、かなり低い所にあります。 見慣れてる星です。見間違える訳はありません。 極軸望遠鏡のアライメントは行いました。磁気で、コンパスがズレる事は当たり前に知っています。