写真の技術について質問します カメラ屋さんで、写真から写真をそのまま現像出来る事を 15年前に知って感動したのですが こういう技術は何十年前からあったのですか?

補足

1970~80年くらいにはあったんですか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりやすく、ありがとうございます 10年前から消えつつあるんですね 93年…思ったより前なんですね

お礼日時:1/20 23:41

その他の回答(4件)

2

昔は、プリントをコピースタンド(複写用のカメラ台)で撮影して、そのフィルムからプリントしたり、スライドを作成したりしていました。 1993年、富士フイルムがピクトログラフィー(ピクトログラフィー3000)を発売し専用用紙によるコピー機の様な写真複写機が可能になりました。 ですが、レーザープリンターミニラボフロンティアの登場(1996年)(システムのフラットベッドスキャナー(私の行き付けのお店は導入時はエプソンのスキャナーでした)でデータ化)でピクトログラフィーは衰退し、現在ではレーザープリンターが主流になってます。

2人がナイス!しています

3

大昔は複写と言って技術が必要で1枚1,000円以上しました 技術によって出来上がりの質も大きく違いが出ましたね 大きく進歩したのがフジがピクトロシリーズを出した頃 印画紙で出せるコピー機やPC出力機です これにより誰にでも簡単に写真の複製が出来るようになり L判なら1枚100円ソコソコで提供できるようになりました 今から30年位前の話だったと思いますよ

3人がナイス!しています

1

ライカAというカメラが1930年ごろに作られ、それは映画用35mmフィルムを使って撮影し、後、引き伸ばし機というレンズとランプを構成した様なもので大きな写真に写しかえます。 それ以前にも、コダックというボックスカメラの100枚どりが有名でこちらは1888年ぐらいです。 それ以前でも乾板カメラ、銀板カメラとがありますが、もういいですか?

1人がナイス!しています