ID非公開

2022/1/20 18:13

33回答

茶会で一通り客が飲み終わった後、道具を拝見ということになるそうですが、 道具がいずれも見るに堪えないガラクタぞろいの場合は、どのような会話になるのでしょうか。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

>>お茶は道具の良しあしを見たり語る場だけではありません >>亭主のもてなしの心がどうゆうものか知る場であります。 あなたは茶道の神髄を心得ていらっしゃると思います。

お礼日時:1/22 12:51

その他の回答(2件)

0

ガラクタを見破る眼力を、茶会出席者全員に試されるので、非常に苦しい会話になります。 自分の無知が明らかにされる。 しまった事前に知恵袋で聞いておけば良かった。 ガラクタ茶会とは、ブラック亭主の粋な催しですなぁ。

画像
ID非公開

質問者2022/1/21 7:51

常識ある一般人が見て単なるガラクタ茶碗でも、もっともらしくもいかがわしい見識で高い格付けをするのが茶人ではないでしょうか。 >>非常に苦しい会話になります。 ガラクタと認識しても、苦しさに耐えて会の雰囲気を壊さず、そして相手の名誉を汚さずに言葉を選んで会話を運ぶのが紳士淑女と言うものです。 それを鍛錬するのが茶会ではないでしょうか。