教師 教員採用試験合格について 現在中学3年の子供、7年後に教員採用試験を受ける見込みです。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:1/21 14:51

その他の回答(2件)

1

釣りのような質問ですが一応回答します。 〉先生は結構愚痴いってますが、給料それだけもらってるんだからしょうがないだろうと思うこのごろです。 まあ、そう思うなら若いうちは必ず運動部顧問をやらされますから、平日は授業後に夜7時まで部活、その後授業案作りや事務で夜10時まで家に持ち帰りして仕事、部活で毎週土日出勤が原則、そしてこれらの残業代は給特法により一切出ない。 また、休みも原則なし(私の知り合いのサッカーの顧問はお盆と正月以外は1年間全く休みなしでした)という環境で、愚痴なんか言うなと気持ちで頑張ってください。有休なんか毎年使えなくて捨てる教員も多いです。 現場は、そういう教員を歓迎します、管理職も喜びます。夜9時、10時まで働いてもらい、土日も毎週出勤してもらい一年間休みなしで働いてもらえると多忙な学校現場ではとても助かるからです。 ちなみに、他の公務員と比較しても教員は給料高くないですよ。例えば東京都はHPで給料を公開してますが、40代からは教員より一般事務の公務員の方が給料良いです。しかも、他の公務員は残業すれば残業代出ます。 教員は時給にしたら最低賃金以下になる場合さえあります。 あと教員は見るのとやるのとは大違いです。荒れた学校なら、暴言、暴力や問題行動が多数です。精神を病む教員も多いですし、普段からストレス多いと教員間の人間関係も悪くなります。 まあ、何よりいくら周りが良い職だとか現場を知らずに言っても教員自身が過酷な勤務と感じており、事実がそうなんですから、働いている人の満足度が極めて低い職というのは良い結果を産みません。 色々言っても、実体験しなきゃ分からないと思いますから、ぜひ頑張ってください。また、くれぐれも心が折れて辞めないように頑張ってください。 ちなみに、倍率などで考えたら、技術は募集自体が少なすぎて難関です。英語が1番なりやすいですが、英語って今は必ずALTがつき、たまたま日本語話すALTなら良いですが、日本語話せない人も多いので、最低限英語で授業の打ち合わせする能力は1年目から必要です。また、ALTが発音したり言った言葉を生徒に質問されたら答える必要があるので完璧に分かる必要があります。さらに自分で正確な英語の問題作りをする能力も必要です、もし先生自身が間違えていたら話にならないし、間違った英語を正解にしたり、逆に正しい英語を不正解にしていたら、それで生徒を評価したら大変だからです。 英語科の教員はこれらの能力(ネイティブと仕事の打ち合わせ出来る、ネイティブの発音や言った事を日本語に訳せる、正しい英語の問題を作り採点できる、英文法、英文読解、英作文、リスニング、英会話などなど)が必要です。人に何か物を教えて生活できるだけのお金を稼ぐにはこれくらいは必要です、頑張ってください。

1人がナイス!しています

2

英語、技術、公民の中なら英語が受かりやすいです。 一番受かりやすいのは、恐らくどの都道府県でも小学校だと思います。 倍率2-3倍とかなので。 中学以上なら理科かなと思います。

2人がナイス!しています

それから、私は民間企業で働いておりますが、企業と言ってもピンキリなので一概には言えませんが、ある程度以上の企業であれば 基本的には教員や県庁職員の方がキツイと思います。 教員は残業代が出ませんし、県庁職員は終電頃までの勤務が当たり前のようです。 確かに公務員の収入は安定してますが、特別高給って訳ではありません。