新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2022/1/21 10:08

44回答

今イタリアはまだコロナ感染厳しいですが、イタリアにいる友人は、ワクチン反対派で打っていません。同居のお母さんは打っていますがコロナに対し大変神経質で、携帯を触るたびに手洗いしたり、スーパーに行ったら玄

海外生活 | 観光156閲覧

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/1/21 12:35

友人は自宅で働いているから外出していないし、出ても朝一スーパーか公園だけ、だから私が行っても、外出はしないでよ、観光したいとか言わないで、と言われました。私は彼の奴隷じゃないと言いたいですが。 要は私が観光して彼の部屋に帰ったら怖いからだそうです。 夏にはパンデミック収まる、と言われましたが私の事情から行けません、だからクリスマスに来て、と言われましたが、来年春くらいが良いのかな、とも思います

その他の回答(3件)

1

『新型コロナ: WHO、コロナ渡航制限「価値ない」 撤廃・緩和勧告: 日本経済新聞』 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2001I0Q2A120C2000000/http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2204083.html』 https://t.co/x32hHJEP0Q ↑ワクチンを2回接種した人はワクチンで自然免疫系が損傷したことを英政府が認めました。つまりワクチンを2回接種した場合、Covidの変異株或いは他のウイルスに対する自然免疫が低下したまま元の戻らないことを英政府が認めました。従って、ホンモノのパンデミックはこれから始まります。」 英政府がこのことを認めたということは、彼等もかなり焦っているということでしょう。彼等はここに来て真実を認めざるを得なくなったということです。なぜなら訴訟や捜査が始まっているからです。 イギリスでこような動きがあることは驚くべきことではありません。彼等には正義のために戦う決意があります。米国や世界中の専門家の協力も呼び掛けています。ぜひ世界中の正義感のある専門家らが共に戦っていただきたいです。 そしてもし国際刑事裁判所がこの訴訟を軽視したとするなら、国際刑事裁判所はやがては解体されるでしょうね。

1人がナイス!しています

0

今日本も大勢の方が感染していますが、数週間前では一般人には考えられなかったと思います。 数週間でこれですから、半年以上先のことは誰にもわかりません。

ID非公開

質問者2022/1/21 10:51

今やインフルみたいになっている、といいますが増え方が異常ですね。 イタリアは一年後に減ってる、という専門家もいますから、こればかりわからないですね