IDECOの退職所得控除の年数について 退職所得控除の年数の計算方法についてお伺いさせて下さい。 2004 短期雇用 9カ月仕事 3カ月失業 (失業手当受給)

税金167閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ありがとうございました。 後に見る方の参考資料を載せます。  確定拠出年金は離転職の場合も引き出せないのでDCからiDeCoといったように、資金を移換し継続します。そして積み立てを継続した期間を通算され退職所得控除の「勤続年数」になります。 Aさんのケースです。AさんはDCに10年、その後iDeCoで5年、積み立てを継続して60歳に。この時のAさんが利用できる退職所得控除は15年です。(復興税、住民税もかかるので概算)  また、同じ年に複数の退職金を受け取る時は、合算して最も長い勤続年数をもとに退職所得控除を計算します。  Bさんのケースです。Bさんは会社からの退職一時金が1000万円、勤続年数は23年です。DCは500万円でDCの継続年数は10年。前述のとおり退職金は合算され合計1500万円がこの年の退職金です。退職所得控除は、会社の勤続年数の方が長いので、23年で計算します。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:1/24 8:51