カメラの「速写ケース」「エバレディケース」とはなんですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい説明をありがとうございました!

お礼日時:1/25 19:41

その他の回答(3件)

1

速写ケースはカメラ+装着されたレンズ(中望遠まで)を単体で包む、セミハードケースの事を言います。 多くの場合は2ピース構造になっており、カメラボディ部の固定ピースとカメラ上部とレンズをカバーする可動ピースで構成され、可動ピースを開く事で、ワンタッチでレンズとファインダーを露出する事ができ、即撮影できる事から速写ケースと呼ばれる。 速写ケースの構造次第ですが、裏面はカメラを保護する植毛等が施されていたりするので、レンズキャップはした方が良いですね。

1人がナイス!しています

カメラボディ部のみの物は速写ケースとは呼ばず、ボディジャケット等呼ばれていましたが、エバレディケースと言う呼び名だと区別があるのかどうかは分かりません。

1

何だろう?とおもって、商品を眺めてきました。 カメラの保護ケースなんだけど、レンズを覆う部分が無いもので、多少の保護とファッション製を重視したもののように感じますね。レンズを覆う部分が無いから、直ぐに撮影体制に入れますよって事でしょう。 レンズを保護する部分が無いので、キャップは必要でしょうね。 こういう呼び方をするのは知りませんでした。昔の純正カメラカバー(カメラケース)は、大抵上下分割式でしたので、思い起こせば速写ケース状態で使っていることが多かったです。ただ、フィルムカメラの場合、この下部のケースも邪魔で、買ったは良いけど結局使わなくなりました。デジタルになった現在でも、この手のケースは使ったことがありません。

1人がナイス!しています

1

どんな形のケースかによります スマホのカバーみたいに本体外側しか覆ってないケースならキャップはした方がいいですし、レンズ部分まで覆われてるケースなら基本的には要りません 但し長時間撮影せず持ち歩くだけの時は全て覆うタイプでもキャップ付けた方が無難です ストラップさえしっかりしてればケースなんて現地まで持ち運ぶ時くらいしか使わんでしょって個人的には思いますけどね

1人がナイス!しています