ID非公開

2022/1/21 23:34

55回答

部下の指導はどのようにすれば良いでしょうか?

職場の悩み | 仕事効率化、ノウハウ105閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。優秀な後輩にも指導役をしてもらおうと思います。

お礼日時:1/22 23:07

その他の回答(4件)

0

ぼくもシュウさんの意見に賛成です。10人を同じようには相手できない。任せられそうな先輩役2~3人をサブリーダーにして、それぞれに若手2~3人を見るようにしたらいいと思います。 質問者さんもサブリーダーから話を聞いて全体を把握する。新人育成もサブリーダーと質問者さんとふたりで対応するようにしたらいいんじゃないかと思います。

0

部下の指導はどのようにすれば良いでしょうか? 長文で失礼します。 前職が嫌になって転職した兼ね合いから皆が楽しく自発的に仕事をしてくれる事を望んでいます。 ★上司はみな、「楽しく自発的に仕事をしてほしい」と言います。 でも、ある程度の規模というか、組織化された会社であれば、それは諦めるべきだというのが私の持論です。というか幻想です。 というのは、小さな会社あれば、社長が社員全員のことをよく知っていて、採用する人(社長)と育てる人(社長+誰か)が同じになりますが、主任という立場で10人の部下となれば、その社員の採用面接などに関わっていないのではないでしょうか。 あなたが責任を持って採用したら、あなたが育てる・指導することへの責任も分かりますが、そうでないなら難しいのではないでしょうか。 会社ではなく友達やら、プライベートな人付き合いで、10人も集まって、みんながほんとに仲いいなんてことありますか?陰では、「あいつ嫌い」とかあると思います。 それが、まして仕事で、会社で勝手に集められたメンバーで仲良くなんてもっと難しいと思います。 あなたが10人の部下を持って、なすべきことは、あなたを含め11人のチーム(さらに数名ごとのサブチーム)によって、仕事上のミッションを達成することではないでしょうか。 自発的な子は放置しても質問してくるので成長しますが、そうでない子は放置すると言われるまで動きません。いわゆる目の前の仕事しか見えてない状態です。 本当にそうなのでしょうか。 表面的なことだけではないでしょうか。 立ち回りが上手なだけではないでしょうか。 要領がいいだけではないでしょうか。 目の前のものしか見えていないと思っているのは、あなただけかもしれません。 あなたは周囲のことをどれだけ見えているのでしょうか。 そして、自立して欲しい相手に、「子」というのは、おかしいと思います。 ひとりの相手として接することがまず大事だと思います。 そうすれば、「子」とは言わないはずです。 あなたの子供ですか? 質問ですが、現在上司から私に任されている特命な仕事があり、主任以上の役職でないと規定上出来ないので優秀な部下に一部分担する事が不可で、やや時間がなく、みっちり仕事を教えてあげられないのですが、自発的ではない子は切り捨てる必要があるのでしょうか? 会社という立場では、入社した社員を育てて残って欲しいと思うかもしれませんが、本人たちは、あなたや会社以上に賢く考えているかもしれません。 本人たちにとっては、人生の中で、会社での仕事が最優先かどうか分からないですよ。 また、のんびり仕事をして、定時に帰って、家でゲームしたいかもしれませんよ。会社人生がすべてではないですから。 切り捨てるかとか、おこがましくないですか 今の状況でも仕事は完遂出来ますが、効率性は上がりませんし、部下育成も評価対象です。しかし上司は私に時間があまりない事も認識はしています。 部下育成といいますが、最初に書いたとおり、自ら選び採用したわけでもないのに、育成は責任を持たされることは理不尽だと言いましょう。

また、あなたは、誰のために、部下育成をするのですか。 自分の評価のためですか。 部下のためですか。 自分の評価のためなら、部下に失礼ですよね。

2

切り捨てません。その結果はあなたの評価になるんですよ? あなたは自分で指導する必要がありません。10人の中で教えられる人がいるはずです。 あなたはそのやり方を見てアドバイスをしてあげてください。 部下に迎合していてもいい関係性は築けませんよ?なめられるだけです。良いパフォーマンスは発揮しません。

2人がナイス!しています

2

部下の指導は難しいですよね。 自発的に仕事をしてくれることを望まれているということですので、 どのようにしたら、自発的に仕事をしてくれるかということでしょうか。 アドラー心理学を参考にされると良いと思いますが、 私なら、次のように対処します。 ・チームの仕事の目標を明確にしておきます。 ・自分がきちんと見る人を1~2人までに絞ります。 ・その二人は部下の中でも、自発的に動いてくれる、優秀なタイプの人を選べば良いと思います。 ・後の部下は、何か分からないことがあれば、その二人の部下に聞いてもらって、部下が対応できないようなら、自分も参加して対応するようにします。 ・仕事の目標をしっかり定めておけば、後は、部下がその目標に沿って、自分から動いてくれると思います。 ・あとは、仕事の目標から大きく外れていないかだけ適宜チェックして、細かい仕事の進め方は部下たちに任せておいて、何か困ったことがあれば、相談してもらうというスタイルにすると思います。 ご参考までに

2人がナイス!しています