自転車に目茶苦茶眩しいライト(ハンドルに懐中電灯取り付けたり)をつけて、対向車に向けてわざと点滅させて、そのせいで対向車が事故を起こした場合自転車の運転手はどのような罪で逮捕されるんですか?

画像

交通事故 | 法律相談83閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

対向車の方がもっと眩しいライトを2個以上つけているのに?

0

>わざとじゃなかったと言い逃れることは不可能ですか? あなたが大人あるいは中学生以上のお歳の方であれば、人を傷つける恐れのある、たとえばバットを町中で振り回して怪我させて「わざとじゃなかった」で通るとおもうのか?っていう簡単な話ですけどねえ >運転手はどのような罪で逮捕されるんですか? 道交法違反、眼を一時的にせよ潰したのだから暴行罪(後遺症が残れば傷害罪)、むろん故意に(未必の故意に)殺傷したのだから、殺人で死刑もあり得ますよ。 また民事では莫大な賠償金を払うはめになりますけど、やるつもりはないとしたって、本気でこんな質問の内容が大事にならない可能性だの、司法が黙ってるかも、と思うのかってことです

0

道路交通法で以下のような条文があります。 これに違反する可能性が出てきます。 この場合、減光してないこと自体が罪ですので刑の重みは別として罪は罪になります。 第52条2 車両等が、夜間、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。 第70条1 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

0

逮捕はありませんが、過度のものは道路交通法違反となりうる可能性はあります。 ライトで10m先を照射出来れば問題ありません。 点灯、点滅に対する規定はありません。 ただし、強い光量で相手を眩惑させる恐れがあるものについては道路交通法違反となる恐れがあります。 サーチライトやレーザーポインター(強力で影響を及ぼすようなもの)など明らかにライトとして認められていない場合には最悪は逮捕の可能性もあります(照射により視力を落としたとか事故を誘発させたなど)。