天皇崇拝に異常に嵌っている庶民の人は、 あれは一体なんなんですか? 多くの日本人はさほど天皇に興味はないし、 形式的に付き合っているだけだと思いますが...

2人が共感しています

その他の回答(4件)

1

天皇崇拝は 昔から庶民の中には ありましたからね。 たとえば 江戸時代の天明の飢饉では、苦しむ民衆が毎日、何万人も御所の門前に押しかけ、天皇を拝み崇拝し、世の平穏無事を祈りました。 多い時には 10万人も押しかけたそうです。 それらの民衆のために 臨時の食堂が 70軒も開業し、宮家からは、民衆のための果物や菓子が 何千個も準備されました。

1人がナイス!しています

2

>天皇崇拝に異常に嵌っている庶民の人は、あれは一体なんなんですか? 普通の日本人です。 それより、日本人から見れば、憲法に「..中国共産党の指導の下に、マルクス・レーニン主義、毛澤東思想、鄧小平理論及び"三つの代表"の重要思想に導かれて、人民民主独裁を堅持し...」と明記し、個人崇拝に嵌っている中国国民は、あれは一体なんなんですか?

2人がナイス!しています