江戸時代の腎不全の人は透析とかどうしてたんですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

腎不全になればそのまま死ぬだけです。 ちなみに、江戸時代までさかのぼらなくても、1972年までは、透析はほぼ自費での治療だったので、お金が払えない=死でした。

0

そもそも甘い物や油っこい物は庶民の口には入らなかったので、今の様に腎不全になる人も少なく、なったとしても尿毒症から心不全や多臓器不全で無くなっていたのかなと思います。