ID非公開

2022/1/23 18:49

77回答

源氏と平氏ではなく、なぜ源氏と平家なのですか?

日本史643閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

溝台の豪族集団を氏族といい、氏族名が氏名(うじな)です。例えば、曽我・物部・中臣等です。平と源も氏名ですが、この氏は天皇から臣籍降下した時に与えられた氏名です。武家となったのが桓武平氏と清和源氏です。12世紀になると日本的家が成立し、家名(かめい)、すなわち名字(みょうじ)を用いるようになります。名字は居所から名付けられのが普通です。藤原氏の摂関家も、最初に近衛家と九条家に分流します。この名字はそれぞれの居館から名付けられました。武士も同様で、例えば平氏では相模の三浦、下総の千葉、源氏では甲斐の武田、下野の足利等です。 平清盛は伊勢出身の伊勢平氏の流れですが、平治の乱以後、この一族まだ名字はなく、武家平を代表する家となり、平家と称されるようになりました。もし清盛以後も家が続き、六波羅を本拠としていたら、名字は六波羅となったでしょう。 源氏を代表するようになった源頼朝も源家と称されるようになりますが、使用例は少ないです。これも子孫が継続していたら、名字を鎌倉としたでしょう。 要するに、平家は名字を名乗る以前の清盛一族を指す言葉がであり、源氏は氏名です。

1

平家とは平氏という 氏集団における清盛関連の一家 という感覚です 源家(げんけ)という言い方もあります 平氏に中の平家 vs 源氏集団 + 平氏の中の平家以外 という構造で理解しようよ というものです

1人がナイス!しています

1

「平家」は全ての平氏のうち桓武平氏の平清盛一族(伊勢平氏)を他の平氏と区別して呼ぶ呼び方です。 平氏の中でも源氏に味方した人も多いので。

1人がナイス!しています

1

源氏、平氏という言い方は、源の姓に連なる全ての家を差します。 「平家物語」の平家は、平氏の中の、清盛を当主とする伊勢平氏の一族を指す言い方です。「平氏の中のとある一家」という意味です。 単に平氏といえば、清盛の伊勢平氏と頼朝を支えた北条氏は、どちらも桓武天皇の系譜に連なる平氏です。

1人がナイス!しています